FC2ブログ
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H 2006年1月號預告,ハチクロ16配幾

2005.12.27 19:02|ニュース
スヌーピー、くまのプーさん、ムーミン、マイメロディ……。
大好評キャラクター特集第3弾「知ってた?この子の秘密、ほんとの話」
第2特集、『ハチミツとクローバー』全16ページ!






いつだってその優しさでわたしたちを癒してくれてきたキャラクターたち。だけど、魅力となっている性格や、出生秘話、彼らが躍動し泣いたり笑ったりする実際のエピソードまでは意外と知らないのでは? 恒例のキャラクター特集第3弾となる今回は、愛しい彼らの“ほんとの話”をご紹介します!


●55周年を迎えたスヌーピー。この深きコミックの世界には、魅力的で人間性に満ち溢れたキャラクターがいっぱい。登場キャラに分けてあなたの性格を診断してしまう心理テストなど、『H』ならではのスヌーピー特集!

●世界でもっとも有名なキャラクター、くまのプーさん。年表&キャラクター相関図で、見るもの全てを魅了するプーの80年に及ぶ愛の物語の歴史を紐解きます。

●ムーミンも生誕60周年。ただかわいいだけじゃないムーミン谷の仲間たちの知られざる秘密を一挙公開!

●アニメが局地的な人気を呼んでいる「おねがいマイメロディ」。登場するや一気にコアファンを味方につけてしまった最新型アンチキャラ・クロミに独占インタヴューを敢行! マイメロ&クロミの特製カレンダー付

●その他、暴君ハバネロ、おでんくん、ウォレス&グルミット、クルテク、ステッカー付きのヘンリーなど新世代キャラも凝縮して紹介!


●第2特集は、ついに映画化が決まった『ハチミツとクローバー』撮影現場潜入特集! 櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみら主要キャスト5人の胸中に迫るディープ・インタヴューから、オフショット・ギャラリーまで大充実のコンテンツで送る、「映画『ハチミツとクローバー』ができるまで」。キラキラと眩しく煌く超待望の作品を独占的かつ全方位的に切り取る全16ページ!

●安藤政信×宮あおいの『H』独占対談が実現! 出会いの瞬間から、共演作『ギミーヘブン』、そして役者論までを語り合ったテキスト&美麗フォトは必見!

●豊かな才能と確かな存在感で、一躍ショウビズの中心に躍り出た長澤まさみが『H』初登場。キュートなガーリーフォト&ロングインタヴューで、今を躍動する女優の本質に迫ります。

●その他、太田莉菜×ヴィヴィアン・ウェストウッドのファッション・シューティング、小栗旬の「ポラ日記」、さらにはカンバラクニエ、YUI、宮あおい、Salyuの連載陣も絶好調でお送りする今号も超豪華な『H』1月号は12月28日発売です!

エイチ79号●定価:520円(税込)●雑誌コード01945-01●毎月末日発売





いや...我們家竹本同學佔的配幾數應該會很少(笑)
重要的是電影的氣氛啊啊啊!
蒼井優
OFF SHOT GALLERY
スポンサーサイト

さすが松本潤さま

2005.12.27 14:09|映画
松本潤 映画「僕妹」で禁断の愛

 人気グループ「嵐」の松本潤(22)が、ソロで映画に初主演する。青木琴美氏(25)の人気コミックを実写映画化する「僕は妹に恋をする」で、双子の妹との禁断の愛に演技で挑む。映画「東京タワー」などで見せたセクシーな魅力を再び全開にしそうだ。

 原作は売り上げが500万部に達する人気少女コミック。「僕妹(ぼくいも)」の通称で、中高生を中心に女性たちの圧倒的な支持を得ている。

 松本は、やはり人気漫画をドラマ化したTBS「花より男子」で独特のキャラクター・道明寺司を演じて話題になったばかり。全話平均視聴率19・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を叩きだし、今年10~12月期のNo・1連続ドラマに押し上げた。

 これに続く出演依頼に「また人気のある原作のキャラクターを演じられてうれしいです」とコメント。「きょうだいなのにひかれ合ってしまう2人の独特で刺激的な関係を、映画では奇麗に切なく描けたらと思います」と早くも作品にのめり込んでいる。

 原作の青木氏は以前から松本に注目していたといい、別の作品の主人公を「潤」と名付けていたほど。「すごいですよ!松潤ですよ、松潤!!卒倒しそうになりました」と興奮を隠せない様子だ。

 刺激的なタイトル通り、18歳の双子の兄・頼(より)と妹・郁(いく)が恋に落ちていくストーリー。原作では刺激的な性描写も女の子たちをくぎ付けにしている。今夏に映画化が決定してから、配役が注目されていた。

 東芝エンタテイメント、小学館などの共同製作。03年の「blue」がモスクワ国際映画祭などで高評価を得た安藤尋監督がメガホンを取る。

 原作が連載されていた小学館「少女コミック」編集部では「頼は理性と情熱のはざまで苦しむ難役」と指摘。「松本さんはまなざしが印象的で鋭く、それでいて繊細。相反する雰囲気を同時に持ち得る役者さん」と起用理由を説明。郁役は選考中。来春クランクイン、秋の公開を予定。


(スポーツニッポン) - 12月27日6時3分更新
Yahoo Japan§Entertainment News 2005.12.27



不愧是情色偶像啊松潤!
還是要叫不倫派掌門人(汗)
只是在下對於這類型的漫畫還蠻苦手._.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。