FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

パパ役

2009.08.03 09:30|ドラマ

サンスポ:嵐・相葉パパ役、連ドラ初主演「マイガール」
スポニチ:「嵐」全員経験!相葉雅紀が連ドラ初主演
報知:連ドラ初主演の相葉がお笑い封印…嵐のバラエティー担当が究極ラブストーリー
日刊:相葉雅紀が連ドラ初主演で究極の愛描く
Daily:嵐の大トリ!相葉雅紀が連ドラ初主演
中日:相葉連ドラ初主演でいきなりパパ役 テレ朝系10月スタート「マイガール」

テレビ朝日・マイガール

おめでとうございます~<( ̄▽ ̄)/
最近相葉さん好感度直直上升啊嘿
コハル跟陽子不知道是誰來演?


サンスポ:嵐・相葉パパ役、連ドラ初主演「マイガール」

 人気グループ、嵐の相葉雅紀(26)が10月スタートのテレビ朝日系「マイガール」(金曜後11・15)に主演することが2日、分かった。連ドラ初主演で“究極のラブストーリー”に挑む相葉は「ふだんとはまったく違う相葉雅紀を見せられたら」と気合十分。嵐の結成10周年のメモリアルイヤーに、相葉が新たな顔をみせる。
 単独では日テレ系「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・0)などバラエティーの印象が強い相葉。03年10月期のTBS系「ヤンキー母校に帰る」以来6年ぶりと久々の連ドラ出演で、初めての主役を務める。
 「マイガール」は漫画家、佐原ミズさんが「週刊コミックバンチ」(新潮社)に連載中の同名漫画が原作。相葉が演じる主人公・笠間正宗は、高校時代に交際していた4歳年上の彼女のことを、別れてから6年後も忘れられないでいる男だ。
 「究極のラブストーリー。物語はすごく切ないけれど、前向きに進んでいく正宗の気持ちにはすんなり入っていけました」と相葉。6年前に突然立ち去った彼女の訃報が届き、その彼女が内緒で自分との間の娘を生んでいたことを知る。そしてその娘と出会い、一緒に暮らすことに…。
 同局の中川慎子プロデューサーは「女性なら誰もがあこがれる究極の愛を体現できるのは、物事に対する一途さやピュアさで圧倒的な存在感を放つ相葉さん以外いない」とキャスティングに自信をみせる。初の父親役にも注目が集まりそう。
 嵐は今月28日の東京・国立競技場から来年1月にかけてデビュー10周年記念全国ツアーを敢行。10月からはフジテレビ系バラエティー「VS嵐」が時間枠も拡大され、木曜夜7時のゴールデンタイムに進出する。相葉には超多忙な秋到来だ。

スポニチ:「嵐」全員経験!相葉雅紀が連ドラ初主演

 「嵐」の相葉雅紀(26)が連続ドラマに初主演する。10月にスタートするテレビ朝日「マイガール」(金曜後11・15)で、元恋人を亡くし、自分に娘がいることを知る青年役。これで嵐のメンバー5人全員が、人気のバロメーターとも言える連ドラ主演を経験する。デビュー10周年を迎え、国民的スターへの道を着々と上り詰めている。
 相葉が演じるのは、6年前に別れた恋人・陽子のことを忘れられない笠間正宗。ある日、陽子の悲報とともに、5歳になる自分の娘コハルの存在を知り、一緒に暮らすことになる。原作は「週刊コミックバンチ」に連載中の佐原ミズさんの同名漫画で、正宗とコハルの交流が胸を打つ描写で描かれ人気となっている。
 相葉と言えば、嵐のムードメーカー。バラエティー番組などでは天真らんまんなキャラクターで知られる。亡き恋人と娘へのいちずな愛を貫くドラマでは、普段と違った一面が見られそうで「ストーリー自体はすごくせつないけど、前向きに進んでいく正宗の気持ちにはすんなり入っていけました。普段とはまったく違った相葉雅紀が見せられたらな、と思っています」と意気込みを語っている。
 これまでに約20作のテレビドラマに出演。今春には舞台「グリーンフィンガーズ」で、花を育てながら絶望の底から生きがいを見いだす天才庭師を演じ、難しい役どころで演技に磨きをかけた。
 今月末から始まる嵐の10周年記念ツアーを考慮して、通常より早めの8日にクランクインする。
 中川慎子プロデューサーは「正宗は6年間1人の女性を思い続けた男性。女性だったら誰もがあこがれる、そんな究極の愛を体現できるのは相葉さん以外考えられなかった」と起用理由を説明。「劇中では父親役という初めての顔を見せる一方で、20代半ばの男子ならではの人生の迷いや葛藤(かっとう)の中で、大人の男性としても一皮むけていく、魅力的な相葉さんの姿にも注目して」と話している。

報知:連ドラ初主演の相葉がお笑い封印…嵐のバラエティー担当が究極ラブストーリー

 嵐の相葉雅紀(26)が、10月スタートのテレビ朝日系新ドラマ「マイガール」(金曜・後11時15分)で連ドラ初主演する。原作は佐原ミズさんの同名漫画。カメラアシスタントの男と、亡くなった恋人との間にひそかに生まれていた娘の心の交流を描く物語。これまでのコミカルなイメージを脱却し、繊細な演技に挑む。
 嵐では主にバラエティー担当を務めてきた相葉が、真剣勝負で初の連ドラに挑む。
 相葉演じる笠間正宗は、写真スタジオで働くカメラアシスタント。6年前、海外留学のため突然自分の元を去った4歳年上の恋人・陽子をずっと思い続けてきたが、ある日、陽子の悲報が届く。さらに偶然出会った5歳の少女が、陽子との間に生まれていた娘であることが判明。その娘コハルとの共同生活を通じて、家族愛や亡き陽子への愛に目覚めていく。06年からコミックバンチで連載中の同名漫画の初ドラマ化だ。
 嵐の中では、元気で陽気なキャラクターを打ち出してきた相葉だが、父親役など初めてづくしの役柄に「このドラマは究極のラブストーリーです。すごくせつないけれど、前向きに進んでいく正宗の気持ちにはすんなり入っていけました。普段とはまったく違った相葉雅紀が見せられたらな、と思います。たくさんの人に見ていただけるように頑張ります!」。嵐でデビューしてからちょうど10年、初の連ドラ主演で新境地を開く。
 テレビ朝日の中川慎子プロデューサーは「女性だったら誰もがあこがれる究極の愛を体現できるのは、物事に対する一途さやピュアさで圧倒的な存在感を放つ相葉さん以外考えられませんでした」。相葉の相手となる少女コハルや恋人の陽子役は後日発表される。

Daily:嵐の大トリ!相葉雅紀が連ドラ初主演

 嵐の相葉雅紀(26)がテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「マイガール」(10月スタート。金曜、後11・15)で連続ドラマ初主演を務めることが2日、わかった。「週刊コミックバンチ」連載中の佐原ミズの同名漫画が原作の究極のラブストーリー。相葉は突然現れた亡き恋人との間の娘と同居生活を始めるカメラアシスタントを演じる。嵐メンバーの中では5人目、最後となる連ドラ初主演。満を持して登場の男が、愛を貫く父親役で新境地をみせる。
  ◇  ◇
 国民的アイドルグループの嵐。ほかのメンバーがドラマ主演を務める中で息を潜めていた“5人目の男”が、満を持して連ドラ主演を張る。
 相葉が演じるのは、自分の元を去った恋人を思い続けるカメラアシスタント。ある日突然彼女の悲報が届きショックに打ちひしがれるが、彼の前には彼女が秘密で産んでいた2人の間の娘が現れる。共に暮らし始めることになり、次第に心を通わせていくハートフルドラマが描かれる。
 嵐メンバーの中では「バラエティー担当」のイメージが強く、常に天真らんまんなパワーを見せる相葉だが、連ドラ初主演での役柄は亡き恋人と娘へ愛を貫く男と、イメージとひと味違ったものになる。父親役も初挑戦になるが、番組プロデューサーは「究極の愛を体現できるのは『いちずさ』や『ピュアさ』で圧倒的な存在感を放つ相葉さん以外考えられません」と太鼓判を押す。
 相葉は初主演に「このドラマは究極のラブストーリーです。ストーリー自体はすごくせつないけれど、前向きに進んでいく正宗(主人公)の気持ちにはすんなり入っていけました。普段とはまったく違った相葉雅紀が見せられたらな、と思います」と気合のコメント。“アンカーのたすき”を受け取った相葉の新境地に要注目だ。

中日:相葉連ドラ初主演でいきなりパパ役 テレ朝系10月スタート「マイガール」

 嵐の相葉雅紀(26)が10月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「マイガール」(金曜午後11時15分)で主演することが2日、分かった。亡き恋人と娘への愛を貫く男の愛の物語で、相葉は連ドラ初主演。初のパパ役にも挑む相葉は「究極のラブストーリードラマです」とアピールする。
 原作は、佐原ミズさんが「週刊コミックバンチ」に連載中の同名漫画。24歳のカメラアシスタント笠間正宗(相葉)の元に、6年前付き合っていた4歳年上の陽子の訃報(ふほう)が届く。
 突然海外留学を決め、去っていった陽子を忘れられないでいた正宗は、その死を受け入れられない。そんな正宗の前に5歳の少女・コハルが現れた。コハルは陽子が内緒で生んだ正宗の子どもだった…。
 相葉の主演起用について、中川慎子プロデューサーは「正宗は6年間一人の女性を思い続けた男性。女性だったら誰もがあこがれるような究極の愛を体現できるのは、物事に対する一途さ、ピュアさで存在感を放つ相葉さん以外考えられませんでした」と説明する。
 デビュー10周年に満を持しての相葉の連ドラ主演。これで嵐のメンバー全員が連ドラ主演を果たすことになった。相葉は「ストーリーはすごく切ないけれど、前向きに進んでいく正宗の気持ちにすんなり入っていけました。普段とはまったく違った相葉雅紀が見せられたらな、と思います」と抱負を語る。
 ぎこちないながらも一緒に暮らし始め、心を通わせていく正宗・コハルの心温まるやりとりが見どころ。バラエティー番組での天真らんまんさとは違う相葉の“顔”にも注目で、中川プロデューサーも「人生の迷いや葛藤(かっとう)の中で、大人の男性としてひと皮むけていく相葉さんの姿に注目してください」と話している。

タグ:相葉雅紀

コメント

非公開コメント