FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

硫黄島からの手紙

2006.03.09 14:05|[N]映画・硫黄島からの手紙

「緊張して自分の切れ味が悪くならないよう、
今は自分を研いで研いで鋭くしている最中」


二宮和也、ハリウッド進出
イーストウッド監督が演技力認めた!!


 米俳優クリント・イーストウッド(75)が監督する映画「硫黄島からの手紙」に、渡辺謙(46)、「嵐」の二宮和也(22)、中村獅童(33)、伊原剛志(42)、加瀬亮(31)が出演することが8日、発表された。太平洋戦争の激戦地・硫黄島の死闘を題材にした作品で、日米双方の視点から描く2部作。渡辺らは“日本版”のメーンキャストとして出演し、イーストウッドが認めたその演技力を世界にアピールする。

 オスカー監督のビッグタイトルを日本の実力派俳優5人がつかんだ。同映画は、米国側の視点から激戦を描き、既にクランクアップした「父親たちの星条旗」(今秋公開)との2部作。硫黄島の戦いと、太平洋戦争の背景を武力と文化を通じて描く歴史的超大作。両作品ともイーストウッド監督が手掛け、スティーブン・スピルバーグ(58)が製作し、今年最大の話題作として全世界から注目されている。

 配給元のワーナー映画によると、渡辺以外の日本人キャストは「宣伝的なものではなく、あくまで演技力で選ぶ」とする監督の意向で決定。1月中旬、脚本を読む候補者の映像が米国に送られた。渡辺は「ラスト・サムライ」でアカデミー賞助演男優賞候補になるなど、世界的な実績もあり昨秋に監督から直接指名され、その後ロサンゼルスで対面した。

 「硫黄島―」(12月公開)は、今月13日に米西海岸でクランクインし、4月末まで撮影。セリフは全編日本語の予定で、「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」で、アカデミー監督賞を2度も受賞した巨匠が挑む“日本語版ハリウッド映画”としても話題を呼びそうだ。

 渡辺は、意外な戦略で日本兵の力を発揮させる栗林忠道中将役で「監督からお話を頂き、これは大変なことになったと感じました。亡くなられた多くの英霊たちの声なき声に耳を澄ませ、真摯(しんし)な目を持って、役を生き抜いてこようと思っています」と静かな闘志を燃やしている。

 栗林と運命をともにする心優しき兵士・西郷を演じる二宮は、ハリウッドデビューに興奮しながらも「緊張して自分の切れ味が悪くならないよう、今は自分を研いで研いで鋭くしている最中」と意欲全開。栗林の奇策を拒む伊藤大尉役の獅童は「日本人として真の文化交流ができるよう、誇りと責任をもって務めてまいります」。戦前、ロス五輪の馬術競技で優勝した西竹役の伊原は「とにかく必死に。あとはやるだけ。志を高くもって」、元憲兵隊員の清水を演じる加瀬も「大きな機会を頂いてビックリしています。精いっぱいやっていきたい」と胸を膨らませている。 (金山容子)
トーチュ2006年3月9日


******************************

渡辺謙ら イーストウッド作品出演へ

 クリント・イーストウッド(75)が監督する米大作映画「硫黄島からの手紙」の主要キャストに渡辺謙(46)、「嵐」の二宮和也(22)、伊原剛志(42)、加瀬亮(31)、中村獅童(33)の5人が決まった。硫黄島の合同慰霊祭が現地で行われた8日、配給のワーナー映画が発表した。13日にロサンゼルスでクランクインする。

 太平洋戦争の要地となった硫黄島の激戦を、日米両方の視点から描くプロジェクトの日本版。同じくイーストウッドがメガホンを取った米版「父親たちの星条旗」は、ライアン・フィリップ(31)らの出演で、昨秋に撮影を終えた。

 渡辺は硫黄島戦の指揮官だった主人公・栗林忠道中将役。イーストウッドのお墨付きもあり、昨年中にいち早く内定。「亡くなられた多くの英霊たちの声なき声に耳を澄ませ、真しな目を持って役を生き抜きたい」と既にロス入りし、準備に入った。

 残る4人は、監督の意向を受けた日本のワーナーが候補者を絞り、今年1月に米国に送付したビデオの中から選考。いずれもハリウッド・デビューとなり、二宮は「緊張して切れ味が悪くならないよう、今は自分を研いで鋭くしている最中」。獅童も「日本人として、真の文化交流ができるよう、誇りと責任を持って務めてきます」と気を引き締めている。

 撮影は4月末までを見込んでおり、12月公開予定。
スポニチ2006年03月09日付 紙面記事


******************************

イーストウッド作品に監督熱望の主演渡辺謙、獅童、二宮!!

米俳優で監督のクリント・イーストウッド(75)が太平洋戦争の要地となった硫黄島(東京・小笠原村)の激闘を日米双方の視点から描くハリウッド映画の日本版「硫黄島からの手紙」の主要キャストが決まり8日、ドリーム・ワークスと共同製作を手掛けるワーナー映画が発表した。

主演の栗林中将を演じるのは、「ラスト サムライ」などで世界に名を轟かす俳優の渡辺謙(46)。主要キャストのうち渡辺だけは、同監督の希望で昨秋から起用が決まっていたといい、渡辺は「亡くなられた多くの英霊たちの声なき声に耳を澄ませ、真摯な目を持って役を生き抜きたい」と大役に気合十分だ。

また、ほかのキャストは、台本を読んだ姿を撮ったビデオテープを同監督のもとに送る形で昨年末からオーディションを敢行。ワーナー映画によると、同監督は「宣伝効果は考えず、あくまでも演技力と役柄にフィットしているかで選びたい」と話していたそうで、心優しき兵士・西郷役に嵐の二宮和也(22)、厳格な伊藤大尉役に中村獅童(33)が抜擢された。

これが世界デビューとなる二宮は「緊張して切れ味が悪くならないよう、今は自分を研いで研いで鋭くしている最中です」。中国映画「SPIRIT」に続く世界進出となる獅童は「ご遺族や、若い人たちに共感してもらえるよう情熱をもって演じたい」と、どちらも気合を入れている。ほかに伊原剛志(42)、加瀬亮(31)が出演。

映画は、ほぼ日本語になる予定で13日から米ロサンゼルスでクランクイン。米国版「父親たちの星条旗」は今秋、「硫黄島-」は12月に公開予定だ。
サンスポ.com 2006年3月9日


******************************

渡辺謙、イーストウッド監督作に主演
ハリウッド進出第4弾


 クリント・イーストウッド監督(75)が第2次大戦の硫黄島の戦いを描く2部作で、日本側の視点から作る映画「硫黄島からの手紙」(12月公開)に俳優の渡辺謙(46)が主演することが8日、発表された。日本軍を率い、米軍の総攻撃に果敢に挑む栗林忠道中将役。渡辺は監督と意見を交換するなどやる気満々だ。他に人気ユニット嵐の二宮和也(22)、伊原剛志(42)、加瀬亮(31)、中村獅童(33)が出演。13日に米国でクランクインする。

 日本人キャストによる日本語のハリウッド映画の詳細が明らかになった。同作はイーストウッド監督が硫黄島の決戦を日米双方の視点から描く2部作のひとつ。米国側から見た「父親たちの星条旗」(今秋公開)がこのほどクランクアップ。当初“日本版”は日本人監督を起用する予定だったが、「父親―」で手応えをつかんだオスカー監督が自らメガホンを執ることに。両作ともスティーブン・スピルバーグが製作する。

 監督の意向で真っ先に主演に決まったのは渡辺謙。「ラスト サムライ」「バットマン ビギンズ」「SAYURI」に続くハリウッド進出第4弾となる。昨秋に出演が決まると、日本代表として監督と意見を交換してきた。

 すぐに決着がつくはずの戦いを意外な戦略で40日近い歴史的な死闘に変えた栗林忠道中将役。「監督からお話をいただき、これは大変なことになったと感じました。今まで日本でもなかなか着手できなかった戦争の話です。日本人でも知らなかったことがたくさんあったのです」とコメント。「亡くなられた多くの英霊たちの声なき声に耳を澄ませ、真摯(しんし)な目を持って役を生き抜いてこようと思っています」と意気込んでいる。

 他のキャストも豪華だ。日本サイドが役のイメージから候補者をピックアップ。台本の一部を読む本読みを実施し、その模様を撮影し監督へ送った。監督は「演技力や役柄の観点で選ぶ。宣伝のためのキャスティングは嫌だ」と実力重視を強調していたという。

 心優しき兵士の西郷役に二宮、ロス五輪の馬術競技で優勝した経験のある西竹一役に伊原、元憲兵隊員の清水洋一役に加瀬、厳格な兵士の伊藤大尉役に獅童が決まった。撮影は13日に米ロサンゼルスでスタート、日本でのロケは未定だという。
スポーツ報知2006年3月9日





心優しき士兵西鄉
3/13至4月底要在美西拍攝
暫時看不到小狗了嗎.......
叔叔殺手這次不知道會不會也跨越語言的障礙跟Clint Eastwood成為忘年之交啊(笑)

還是很沒有實感欸,雖然超興奮的
なんか、一下子差距太的了還沒習慣(苦笑)

コメント

非公開コメント