FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

司会者スペシャル企画

NHK:司会者企画決まる!
オリコン:松下奈緒、嵐、紅白司会者の企画決定
報知:嵐と松下奈緒が紅白スペシャル企画
スポニチ:嵐 歌うのは1度きり!?紅白で“新曲”披露
ニッカン:嵐と奈緒 紅白司会者スペシャル企画
サンスポ:嵐、日本各地で撮影!紅白司会者SP企画
デイリー:嵐 日本の心、紅白で伝えます!
中日:司会者企画で披露 嵐 紅白限定ソング

感覺像ニッポンの嵐+Green...




NHK:司会者企画決まる!

大晦日恒例の『第61回NHK紅白歌合戦』で、紅白両司会者が、スペシャルな企画で番組を盛り上げる事が決定しました。

紅組司会の松下奈緒は、ピアノ奏者として活躍しているその腕前を、紅白のステージでも披露。
「ゲゲゲの女房」のテーマ曲「ありがとう」をドラマの名場面を振り返りながら演奏します。

白組司会の嵐は、歌とメッセージで、日本の良さを改めて見つめるコーナーに出演。
「僕達のふるさとニッポン」と題して、嵐自らがこの企画の為に、日本の各地を訪れて撮影した様々な人々の笑顔の写真を披露。また、旅で感じたそれぞれの想いを織り込んだ新しい歌も披露します。
作詞は、放送作家・脚本家の小山薫堂(こやまくんどう)氏。
小山氏はこの企画のプロデュースも手掛けます。


オリコン:松下奈緒、嵐、紅白司会者の企画決定

大みそかに行われる『第61回 NHK紅白歌合戦』で司会を務める女優で音楽家の松下奈緒と、人気グループの嵐による「司会者企画」が同局より発表された。紅組司会の松下はピアニストとしての腕前を披露し、白組司会の嵐は歌とメッセージで日本の良さを改めて見つめるコーナに出演する。

 松下がピアノで演奏するのは、自身が主演を務めた朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のテーマ曲「ありがとう」。ドラマの名場面を振り返りながらの演奏となる。

 嵐は、メンバー5人が日本各地を訪れて撮影した様々な人たちの笑顔を披露する。櫻井翔は神奈川、相葉雅紀は京都、二宮和也は北海道、松本潤は沖縄を訪れたが、大野智はこれからの訪問となり、どこに行くのかなどはシークレットだという。

 また嵐は、旅で感じた想いを詰めた新曲も披露。作詞は、放送作家・脚本家の小山薫堂氏が手掛ける。


報知:嵐と松下奈緒が紅白スペシャル企画

大みそかのNHK紅白歌合戦(後7時半)で、白組司会を務める嵐と紅組司会の松下奈緒(25)がそれぞれスペシャル企画を行うことになった。

 嵐は「僕達のふるさとニッポン」と題し、5人が日本の各地を訪れて撮影した写真を紹介。さらに旅先で感じた思いを織り込んだ新曲も披露する。作詞は人気放送作家・小山薫堂さん(46)で、企画のプロデュースも手掛ける。

 また、紅組司会の松下は主演した「ゲゲゲの女房」のコーナーで登場。ドラマの名場面を流しながら、いきものがかりのテーマ曲「ありがとう」をピアノ演奏する。向井理(28)、大杉漣(59)、古手川祐子(51)ら共演者や、審査員を務める原作者の武良布枝さんも応援に駆け付ける。「朝ドラから始まった今年を、ありがとうの感謝を込めて締めくくりたい」と語っている。


スポニチ:嵐 歌うのは1度きり!?紅白で“新曲”披露

大みそかの「第61回NHK紅白歌合戦」で、白組司会の「嵐」が紅白オリジナルソングを歌うことが決まった。

 「僕達のふるさとニッポン」と題した企画。松本潤(27)が沖縄の紅型(伝統の染め物)工房、相葉雅紀(28)は京都の茶農家と、メンバーが各地を訪れ、さまざまな人々の笑顔の写真を撮影。この写真とともに、旅で感じた思いを織り込んだ新曲(タイトル未定)を歌う。作詞は放送作家・小山薫堂氏。現時点でCD化は予定されておらず、1度きりの歌唱となる可能性も。

 一方、ピアノ奏者としても活躍する紅組司会の女優松下奈緒(25)はその腕前を披露する。主演ドラマ「ゲゲゲの女房」の名場面を集めた映像をバックに、テーマ曲「ありがとう」を演奏する。


サンスポ:嵐、日本各地で撮影!紅白司会者SP企画

大みそかの「第61回NHK紅白歌合戦」(後7・30)の司会者によるスペシャル企画が23日、決まり、同局から発表された。

 白組司会の人気グループ「嵐」は「僕達のふるさとニッポン」と題して、1人ひとりが日本各地を訪れて撮影したさまざまな人々の笑顔の写真を披露。旅で感じたそれぞれの思いを脚本家、小山薫堂氏(46)の作詞による歌に込めて嵐が歌い、日本の良さを見つめ直す。嵐は歌合戦ではヒット曲のメドレーを歌うとあって、ファンにとっては楽しみが増えたことになる。

 すでに撮影を終えたのは4人で、櫻井翔(28)が神奈川県の宮大工、相葉雅紀(28)は京都府の茶農家、二宮和也(27)は北海道の農業高校、松本潤(27)は沖縄県の伝統染め物工房をそれぞれ訪問。仕事の関係で大野智(30)だけが近日中に撮影の旅に出るが、行く先はシークレットで、このコーナーで歌う歌のタイトルと将来の発売については未定という。

 一方、紅組司会の女優でピアニスト、松下奈緒(25)は、朝ドラで主演した「ゲゲゲの女房」の場面を映像で振り返りながら、主題歌「ありがとう」をピアノ演奏。歌は別に、3人組ユニット「いきものがかり」が歌合戦で披露する。


デイリー:嵐 日本の心、紅白で伝えます!

 嵐がニッポンの良さを伝えます‐。大みそかのNHK紅白歌合戦で司会を務める嵐が、自ら“使者”となって全国に飛び、その土地でイキイキと暮らす人々の笑顔を撮影し、日本の良さを伝える企画を担当することが23日、分かった。同コーナーに合わせたオリジナル楽曲を初披露することも決定。既に白組・嵐としてはスペシャルメドレーを歌うことも発表されており、今年の紅白でも嵐がフル回転しそうだ。

  ◇  ◇

 嵐が、2010年の締めくくりに、歌とメッセージで日本の心をお茶の間に伝える。

 嵐が担当する企画は「僕達のふるさとニッポン」。「日本の良さを改めて見つめる」というコンセプトのもと、メンバーがそれぞれ全国各地に飛び、その土地に生きるさまざまな人々の笑顔の写真を自ら撮影、紅白のステージで披露する。

 12月に入って撮影を開始し、櫻井翔(28)が神奈川県の宮大工、相葉雅紀(28)が京都の茶農家、二宮和也(27)が北海道の農業高校、松本潤(27)が沖縄の伝統染め物・紅型(びんがた)工房を訪問。4人は各分野の名人に話を聞き、未来を担う若者たちと語り合うなどの取材を敢行した。大野智(30)はスケジュールの都合上、撮影はこれから。5人は大みそかに全国の人に思いを伝えたい、と意気込んでいるという。

 ステージでは、放送作家・小山薫堂氏が作詞した紅白オリジナルの楽曲も披露する。曲には人々との触れ合いの旅で感じたメンバーそれぞれの思いも盛り込まれる予定。大みそかに嵐が日本の良さを伝える“使者”となる。


中日:司会者企画で披露 嵐 紅白限定ソング

 大みそかの紅白歌合戦で、嵐がオリジナルソングを披露する。NHKは23日、紅白の両司会者による企画を発表。白組司会の嵐は、メンバー5人が日本各地を旅した経験を基に、番組のために作られた新曲を歌う。紅組司会の女優松下奈緒(25)は、今年ブームになった連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌をピアノで演奏する。

 嵐の企画は「僕達のふるさとニッポン」。メンバーがそれぞれ日本各地を訪れ、自ら撮影したさまざまな人たちの笑顔の写真を紹介しつつ、この企画のために作られたオリジナルソングを歌う。

 メンバーの訪問先は、櫻井翔(28)が神奈川県の宮大工、相葉雅紀(28)は京都の茶農家、二宮和也(27)は北海道の農業高校、松本潤(27)は沖縄の伝統染物「紅型」の工房。4人は今月すでに訪問を済ませ、大野智(30)は近く収録する予定。

 企画プロデュースと作詞を担当したのは、放送作家で映画「おくりびと」の脚本家としても知られる小山薫堂氏(46)。メンバーから日本の伝統と人々の笑顔に触れた感想を聞き、インスピレーションを得て歌詞をつづったという。

 タイトルは未定で、現状では発売予定はない。番組での1回限りの披露となる見込みで、人気絶頂のグループによる貴重な歌唱になる。

 紅組司会の松下は、東京音大卒でピアノ奏者としても活躍する腕前をステージで披露する。主演した「ゲゲゲの女房」の主題歌、いきものがかりの「ありがとう」を演奏。バックにはドラマの名場面の映像が流れる。

 紅組で出場し「ありがとう」を歌ういきものがかりとは共演しない。NHKは「細かい演出は未定」としているが、「ゲゲゲ-」で共演した俳優向井理(28)が松下の応援役として駆け付けるほか、ゲスト審査員で原作者の武良布枝さんが参加するとあって、“ゲゲゲファミリー”のカラーが前面に出る企画になりそうだ。

タグ: 紅白

コメント

非公開コメント