FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wじゅんばーど

2011.09.24 10:02|テレビ

オリコン:嵐・松本潤が特別番組のMC挑戦! グループとは違った立ち位置に「緊張」
まんたんウェブ:松本潤 : 紳助に代わり新MCに バード羽鳥と続投に意欲 日テレ特番「世界1のSHOW TIME」
報知:松潤メーンMCに羽鳥アナ「100点!」…日テレ系「世界1の―」
日テレ:日テレ秋の特番、司会にマツジュン&バード

好濃的成員





オリコン:嵐・松本潤が特別番組のMC挑戦! グループとは違った立ち位置に「緊張」

 人気グループ・嵐の松本潤が、10月9日放送の特別番組『世界1のSHOWタイム~ギャラを決めるのはアナタ~』(日本テレビ系 後7:00~)でメインMCを務めることが23日、わかった。松本は「嵐のときはこんなしゃべる立ち位置にいないので、緊張はありましたし、不思議な感じでした」と慣れないMCにドキドキだったことを明かしたが、撮影を振り返り「楽しかったですし、また機会があればやりたい」と自身の進行に満足げ。松本とともに進行役を務めた羽鳥慎一アナウンサーも「自然体にやっていて、松潤にピッタリな役。100点です!」と絶賛した。

 2010年より定期的に放送されてきた同番組は、世界各国から集まったパフォーマーたちが自慢のパフォーマンスをステージで披露。それを会場にいる300人の観客が各パフォーマーのギャランティを決め、実際に自分の財布から“ギャラ”を支払うというステージショーになっている。一流パフォーマーの芸をMCとして見つめた松本は「素晴らしいパフォーマンスばかりで、どれもすごかった」と目を輝かせる。

 コンサート時には率先して衣装やステージ演出を提案するなど、嵐のメンバーのなかでも抜きに出て“クリエイター思考”を持つ松本は「エンターテインメントをやらせていただいている立場として『ああ、こういうパフォーマンスもあるんだ』と思う瞬間があった。いい番組に出させてもらったと思います」とインスピレーションを受けていたことを明かし、羽鳥アナも「松潤がいろんな人のステージを観ながら『これは使えるな』ってつぶやいてて。そういう立場で観られるっていうのは、司会者として素敵だと思います」と熱弁した。

 松本、羽鳥アナのほか、モデルの長谷川潤も進行役として参加。無邪気にパフォーマンスを楽しむ長谷川に松本は「すごく自然に素直に楽しんでいた。出演者の人にもノリよく声をかけていて、空気がよくなりましたね」。長谷川も「一つひとつのパフォーマンスに愛情があふれているので刺激を受けたし、私も頑張ろうという気持ちになりました」と感化されていた。

 出演パフォーマーにはものまねタレントのツートン青木が男女異なる声質を交互に行う10人メドレーを披露するほか、腹話術師のいっこく堂が新境地となるヒューマンビートボックスを腹話術でチャレンジ。ほかにも書道、リングアーツ、ダンス、吹奏楽など、プロ・アマ含め13組のパフォーマーたちが熱いパフォーマンスを魅せる。


まんたんウェブ:松本潤 : 紳助に代わり新MCに バード羽鳥と続投に意欲 日テレ特番「世界1のSHOW TIME」

 芸能界を引退した島田紳助さんがMCを務めていた日本テレビの特番「世界1のSHOW TIME~ギャラを決めるのはアナタ~」のMCが、人気グループ「嵐」の松本潤さんとフリーアナウンサーの羽鳥慎一さん、モデルでタレントの長谷川潤さんが務めることになり、このほど東京都内で収録が行われた。メーンMCを務めた松本さんは「メーンMCというよりは一番近いところでパフォーマンスを見せてもらう立場。羽鳥さんが仕切ってくれたので、僕は純粋にパフォーマンスを見て聞きたいことを聞いているだけ」といいながらも、「機会があれば、次回この番組が作られるなら、ぜひ参加させていただきたい」と今後のMCに意欲を見せた。

 同番組は10年から不定期に放送されており、今回で4回目。日本のみならず、世界各国から集まったえりすぐりのパフォーマーがステージショーを繰り広げる番組で、会場に集まった300人のバイヤーが上限9900円まで100円刻みで、VIPゲストは上限なしでパフォーマーのギャランティーを決め、自分の財布から実際に支払ってもらうというシステムを導入している。過去最高額は第3回の早稲田摂陵高等学校女子マーチングバンドで205万6500円、最低額は第1回の磯野貴理子さんで2万1800円だった。

 MCという立場に慣れていない松本さんは「最初は緊張しました。僕は『嵐』の中でも(MCのような)そういうことをやる立ち位置じゃないので、自分がはじめにしゃべるのは不思議でしたね。羽鳥さんに横にいていただけることが非常に心強かった」と振り返り、「僕も舞台に立たせてもらっている中で、こういうパフォーマンスを見せていただいて、インスピレーションが湧く瞬間がたくさんあった。そういう意味でもすごくいい番組に出させていただいた」と感謝していた。長谷川さんに対しては「すごく素直に、自然にパフォーマーに声をかけたり、手をたたいたりするノリがすごくよくて、会場全体の空気がよかったですね。それが長谷川さんの魅力かな」と話した。

 羽鳥さんは「この番組は松潤にぴったりだと思います。次回(のMC)も松潤が出るなら僕も。松潤あっての番組ですから」と松本さんのMCぶりを絶賛。「松潤は自分のコンサートで、いろんなパフォーマンスを考えて、構成もしたりしている。今日もいろんなパフォーマンスを見ながら『これは使える』とか『これは自分のライブに当てはめると大変そうだ』とか、そういう(やる側の)立場で見ていた。自分のライブにリンクして、ブツブツ言っていましたね」と間近で感じた松本さんの様子を明かした。

 松本さんは「この番組の特殊なところは、その場でその人に対するギャラが決まる。すごく画期的だなと思うし、だからこそやる方も力が入ったり、失敗したり、いつも以上の力が出たりとドラマがあるんだと思う。そこを見られるのはすごくナマ感があって、その空気感は会場だとより伝わる」と番組の魅力をアピールした。番組は10月9日午後7時~9時54分に放送される。(毎日新聞デジタル)


報知:松潤メーンMCに羽鳥アナ「100点!」…日テレ系「世界1の―」

 人気グループ「嵐」の松本潤(28)が日本テレビ系「世界1のSHOW TIME」(10月9日・後7時)でメーンMCに挑戦することが23日、分かった。普段は嵐としての活動が中心のため、単独で番組を進行するのは2005年放送の同局系「ミンナのテレビ」以来2度目となる。

 「世界1の―」はステージ上で披露されるパフォーマンスに対して、観客がその場で値段を付けていくショー番組。このほど、都内で収録が行われ、腹話術師、いっこく堂(48)ら13組が参加した。

 収録を終えた松本は「メーンMCというよりは、一番近いところでパフォーマンスを見せてもらう立場だと思っていた。純粋に感じたことを伝えようとしました。それにしても『すごい』という言葉しか出てきません」と興奮気味。「緊張感はありました。基本的に嵐にいるときは、一番最初にしゃべる立ち位置にはいないので…。不思議な感じでした」と振り返った。

 MCとして松本を支えたのはフリーアナの羽鳥慎一(40)とモデルの長谷川潤(25)。謙遜気味の言葉を並べる松本に対して、羽鳥アナは「100点満点でした。自然体でやっていた。台本通りにやるのがMCではないので」と合格点だ。

 圧巻のパフォーマンスは嵐のライブ演出にも参考になったようで「違う目線でも楽しめた。シミュレーションしてました」と松本。「またこの番組があったら参加したい」と、すっかりハマッた様子だった。


日テレ:日テレ秋の特番、司会にマツジュン&バード

 今秋放送される日本テレビ系特別番組「世界1のSHOW TIME~ギャラを決めるのはアナタ!~」の収録が先ごろ、都内で行われ、メーンMCを務める嵐の松本潤(28)、フリーアナウンサーの羽鳥慎一(40)が取材に応じた。

 日本のみならず世界各国から集まった、よりすぐりのパフォーマーたちが最高のステージを披露。会場に集まった観客とVIPゲストがバイヤーとなって出演者それぞれに値段をつけ、その合計金額がパフォーマーへのギャラとして番組終了後に支払われる“夢のステージショー番組”。

 2010年から不定期に放送されており、第4弾の今回は新メーンMCに松本、新MCに羽鳥とモデルの長谷川潤(25)の3人が就任した。

 4回目の放送となる今回も、過去3回にひけを取らないパフォーマーたちが勢ぞろい。収録後に取材に応じた松本は、報道陣から「大役を終えての感想は?」と尋ねられ「立ち位置としては、メーン司会というよりは1番近い場所でパフォーマンスを見せてもらう立場だと思ってますね。羽鳥さんがいろいろなことを仕切って下さっていたので、僕は楽しませていただいていた感じ」とにっこり。「嵐として番組をやるときは、その(司会という)立ち位置にいないので、最初の方は緊張がありました」と打ち明けた。
 
 ともに番組を進行した羽鳥アナは「この番組はマツジュンにぴったりだと思います。やっぱり嵐のライブでも構成とかを考えてるから、パフォーマンスを見て『これは取り入れたいな』とか、そういう目で見ているようでした。自然体でしたし、すごいなと思いました」と絶賛。

 べた褒めされた松本は、「いやいや、羽鳥さんあってのことですから」と謙遜しつつ「嵐のメンバーとしてこの番組に参加できたことは本当にうれしいですね。エンターテインメントを行っている立場で、エンターテインメントを見られるので」と笑顔を見せた。

 過去にも共演経験があり、嵐の大ファンという羽鳥と松本のチームワークはすでにばっちり。記者から2人へ「次回もあるとしたら、また司会をやりたい?」と質問が飛ぶと、松本は「機会があれば。ただ、僕は本当に楽しんでいたのでMCですと言っていいのか分からないですが、また次回もあるんだったらぜひ参加したいです」。
 
 羽鳥アナも「マツジュンと一緒に(番組を)やるだけで私まで『いい人なんだな』ってイメージになりますからね。マツジュンあっての番組ですから」と語った。

タグ:松本潤

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。