FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

五人映画!!!

2006.05.10 11:17|映画
「ピカ☆☆ンチ」以来3度目!嵐が映画「黄色い涙」に主演 (サンスポ)
「嵐」昭和の夢追う上京青年演じる (スポニチ)
嵐が映画「黄色い涙」主演…故永島慎二さん青春漫画原作 (報知)
「嵐」演じる 42年前の青春 (中日)
嵐主演で60年代の青春「黄色い涙」 (ニッカン)
嵐の2年ぶり主演映画! (デイリー)

 【物語】1964年、東京・阿佐ケ谷かいわいを舞台に、漫画家志望の村岡栄介(二宮)、歌手になりたい井上章一(相葉)、画家を目指す下川圭(大野)、小説家を志す向井竜三(櫻井)、一人前になるためにまじめに働く勤労青年の勝間田祐二(松本)が、同居生活をしながら、それぞれの夢に向かって希望と挫折を繰り返していく姿を描く。


喔喔喔喔喔喔喔喔喔!
一大早就超興奮的啊我>___<
比起一人電影這消息讓人高興太多了(笑)
不過這SCHEDULE是要把小毛給累死嗎|||||


「ピカ☆☆ンチ」以来3度目!嵐が映画「黄色い涙」に主演

人気グループの嵐が、来春公開予定の映画「黄色い涙」(犬童一心監督)に主演することが9日、発表された。嵐の主演映画は平成16年公開の「ピカ☆☆ンチ」以来3度目となる。

作品は1960年代の日本を背景に純粋に夢を追い求めた若者たちの青春群像劇。漫画家の永島慎二氏の「若者たち」が原作で、昭和49年には脚本家の市川森一氏の書き下ろしによりNHK銀河小説で放送された。

映画化にあたっては犬童監督が以前から構想をもっており、昨年、嵐のコンサートを観賞し、作品にピッタリ合うとキャスティング、製作が決定した。12日からクランクインする。

小説家を目指す向井竜三役の櫻井翔(24)は「犬童監督が惚れ込んでいた作品に嵐5人全員が参加できることを大変うれしく思います。国全体が希望にあふれていたであろう高度経済成長期の日本の若者が、元気のない現代において、とても新鮮に映ると思います」と話している。
サンスポ 20060510



「嵐」昭和の夢追う上京青年演じる

 人気グループ「嵐」が来春公開予定の映画「黄色い涙」(監督犬童一心)で、高度経済成長期の東京で夢を追い続けた若者たちを演じる。メンバー5人そろっての映画主演は「ピカ☆☆ンチ」などに続いて3本目。

 原作は昨年亡くなった漫画家・永島慎二さんの「若者たち」(68年)。当時、無名だった脚本家市川森一さんが74年、NHK銀河小説のために脚本を書き「黄色い涙」として放送された。

 舞台は64年の東京・阿佐谷。嵐の5人はそれぞれ、漫画家=二宮和也(22)、歌手=相葉雅紀(23)、画家=大野智(25)、小説家=櫻井翔(24)を目指す若者役。松本潤(22)は集団就職で上京した青年を演じる。

 中学時代にドラマを見て以来、映画化を夢見ていた犬童監督がラブコールを送り、市川さんが再び脚本を手掛けた。

 嵐は「日本が一番元気だったころを描き、今を生きる日本人が何かをつかんでくれる作品にしたい」(松本)。ヒロインは香椎由宇(19)。
スポニチ 20060510


嵐が映画「黄色い涙」主演…故永島慎二さん青春漫画原作

 人気グループ「嵐」の5人が、漫画家の故永島慎二さん(享年67歳)原作の映画「黄色い涙」に主演することが9日、発表された。犬童一心監督(45)がメガホンを執る。

 「黄色い涙」は「漫画家残酷物語」「フーテン」など永島さんが60年代に発表した青春漫画のシリーズ名で、74年に市川森一氏(65)が脚本を担当し、NHK銀河小説でドラマ化された。映画脚本も市川氏が手がける。64年の東京を舞台に、夢を持って生きる若者の希望と挫折を描いた群像劇。

 嵐5人での主演は04年の「ピカ☆☆ンチ」以来。小説家志望の若者を演じる櫻井翔(24)は「高度経済成長期の日本に生きる若者の生きざまが、元気のない現代に新鮮に映ると思う」と話した。ヒロインに香椎由宇(19)。12日クランクイン。来春公開予定。
2006年05月10日06時06分 スポーツ報知


「嵐」演じる 42年前の青春
お待たせ!!2年ぶり映画主演「黄色い涙」

 人気グループ「嵐」の大野智(25)、櫻井翔(24)、相葉雅紀(23)、二宮和也(22)、松本潤(22)が、映画「黄色い涙」(犬童一心監督、来年春公開)に主演することが9日、分かった。5人そろっての映画主演は「ピカ☆☆ンチ」以来2年ぶり3作目となる。

 原作は、昨年、67歳で死去した漫画家の永島慎二氏が、1960年代に描いた青春群像劇「若者たち」。74年に放送されたNHK銀河テレビ小説向けに、脚本家の市川森一氏が「黄色い涙」として脚本を執筆した。

 14歳のときに、同ドラマに出合い、感銘を受けたという犬童氏が昨年、嵐と出会った際に、その演技力を高く評価し、5人を主人公とした「黄色い涙」の映画化を企画。市川氏に映画向け脚本を依頼、快諾を得た。

 物語の舞台は1964年、東京・阿佐ケ谷。嵐が演じる5人の青年が、それぞれの夢に向かって突き進む。ヒロインには、V6が主演した「ホールドアップダウン」にも出演した女優の香椎由宇(19)が選ばれた。

 櫻井は「犬童監督がほれ込んでいた作品に、嵐5人で参加できることを大変うれしく思います。国全体が希望にあふれていただろう、高度経済成長期の日本に生きる若者の生きざまが、元気のない現代において、とても新鮮に映ると思います」とコメント。撮影は12日からスタートし、6月中旬にクランクアップする予定だ。 (江川悠)

 【物語】1964年、東京・阿佐ケ谷かいわいを舞台に、漫画家志望の村岡栄介(二宮)、歌手になりたい井上章一(相葉)、画家を目指す下川圭(大野)、小説家を志す向井竜三(櫻井)、一人前になるためにまじめに働く勤労青年の勝間田祐二(松本)が、同居生活をしながら、それぞれの夢に向かって希望と挫折を繰り返していく姿を描く。

中日スポーツ 20060510


嵐主演で60年代の青春「黄色い涙」

 人気グループ嵐のメンバー5人が、60年代の若者たちの姿を描く映画「黄色い涙」(犬童一心監督、来年公開)に主演することが9日、分かった。原作は漫画家の永島慎二さんが60年代に発表した同名コミック。二宮和也は漫画家、大野智は画家、相葉雅紀は歌手、櫻井翔は小説家をそれぞれ目指す青年、松本潤は岩手から集団就職で上京した青年を演じる。松本は「そのころ少年だった世代の方々がその当時の思いや記憶を呼び起こすような作品にしたい」と話している。
ニッカン 20060510


嵐の2年ぶり主演映画!

 人気5人組・嵐が「PIKA☆☆NCHI」以来2年ぶり3作目となる映画「黄色い涙」(製作・配給 ジェイ・ストーム)に主演することが9日、発表された。原作は60年代のカリスマ漫画家・故永島慎二氏の同名漫画。64年が舞台の青春群像で、74年には市川森一氏(65)の脚本でNHKでテレビドラマ化された。今作も犬童一心監督(46)のラブコールに応え、市川氏が脚本を執筆する。

 メンバーはそれぞれ二宮和也(22)が漫画家、大野智(25)が画家、相葉雅紀(23)が歌手、櫻井翔(24)が小説家、そして松本潤(22)が勤労青年役を演じる。ヒロインを務めるのは香椎由宇(19)。

 犬童監督は14歳の時、この作品を見て映画監督になることを決意したという。昨年、嵐と出会ったことで夢が実現し、「僕は幸せな男。青春の夢と挫折、ばかばかしくもまぶしい輝ける日々をフィルムに焼き付けたい」と気合満々。松潤は「日本が戦後、一番元気だったころの日々を描き、過去を知らない現代の若者を含む今を生きる日本人が何かをつかんでくれる作品にしたい」と意欲を見せた。12日にクランクイン、来春公開予定。
デイリースポーツ 20060510

コメント

黄色い涙ぃぃ
非公開コメント