FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボス

2011.12.13 11:13|未分類

オリコン:松嶋菜々子、約11年ぶりに月9出演! “家政婦”の次は“探偵女ボス”役に
スポニチ:松嶋菜々子 11年ぶりの視聴率女王に期待「この方以外考えられない」
日刊:asahi.com(朝日新聞社):「ミタ」の次は「女ボス」菜々子月9決定
サンスポ:谷原章介主演、松潤月9スピンオフ先行放送

椿姉さん!!
不過熱血角色真是讓人有一絲不安啊....
谷原章介好適合演這種亂七八糟又很煩的角色XD



オリコン:松嶋菜々子、約11年ぶりに月9出演! “家政婦”の次は“探偵女ボス”役に

 女優の松嶋菜々子が、嵐・松本潤主演の新“月9”ドラマ『ラッキーセブン』(2012年1月16日スタート 毎週月曜 後9:00~ フジテレビ系)に出演する事が11日、わかった。松嶋の“月9”出演は2000年10月期放送の『やまとなでしこ』以来、約11年ぶり。松嶋といえば、現在放送中の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で社会現象を巻き起こしているが、これで2期連続の連ドラ出演となる。今作では松本らが演じる探偵をまとめる女ボス役に挑戦する松嶋は「探偵社の女ボスという役どころ、そして、個性豊かなキャストの皆さんとの共演、今から撮影に入るのをとても楽しみにしております」と、クランクインを心待ちにしている。

 同作はかつて宿場町として栄え、現在は下町と高級高層マンションが同居する東京・北品川に居を構える小さな探偵社が舞台。松本演じる新米探偵をはじめ、瑛太、大泉洋らそこで働く“かみ合わない”7人の探偵たちが、時に衝突、葛藤しながらも次第にチームワークを深め、やがて大きな難事件に巻き込まれていくという“仲間とその絆”を描くストーリーが展開される。

 松嶋が演じるのは、松本、瑛太、大泉らを束ねる探偵社の女ボス・藤崎瞳子(ふじさき・とうこ)。見た目は華やかでゴージャスだが、聡明にして決断力と胆力を有し、逆境にも動じない芯の強さを持つ女性だ。瞳子は謎に包まれた存在であり、探偵事務所を経営する本当の目的は、エピソードを追うごとに明らかになっていくという。

 また、松本演じる主人公・駿太郎たちの同僚探偵である水野飛鳥(みずの・あすか)を、映画・ドラマの活躍めざましい演技派・仲里依紗が演じる。サバサバとした性格の持ち主で、松本、瑛太、大泉らのやり取りを冷めた目で見ながらも、彼らと連携を取りながら男顔負けの活躍をする女性だ。「今までにない月9ドラマで、男の人たちが動くカッコいいドラマになっていると思うので、ぜひご期待ください。私も、チラッとアクションシーンがあると思うので、そこもぜひ見て頂きたいです」とコメントしている。

 さらに駿太郎たちの探偵事務所とかかわりのある女性警部補役に吹石一恵、駿太郎の母親には岡江久美子が演じるなど、豪華女優人が脇を固める。

 これまでF1層(20~34歳の女性)をメインターゲットに、“恋愛”を軸とした数々の名作を生んだ同枠だが、今作では路線を一新。これまでの“月9”にはなかった子どもから大人まで幅広い世代で楽しめる“身体を張った”本格アクションドラマに挑戦することも話題。今回の松嶋の出演は、新たな“月9”ブランド構築にうってつけの起爆剤となりそうだ。


スポニチ:松嶋菜々子 11年ぶりの視聴率女王に期待「この方以外考えられない」

 日本テレビ「家政婦のミタ」(水曜後10・00)が人気の女優松嶋菜々子(38)の次回作は、フジテレビ「ラッキーセブン」(来年1月16日スタート、月曜後9・00)に決まった。

 松嶋にとって、フジ月9ドラマは2000年10月期「やまとなでしこ」以来、約11年ぶり。重岡由美子プロデューサーは「個性あふれる面々をまとめ上げる圧倒的存在感、そして美しさを持つのはこの方以外は考えられませんでした」と話している。

 「家政婦のミタ」は11月30日放送の第8話が今年のドラマで最高の視聴率29・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。00年の「やまとなでしこ」では最高視聴率34・2%を記録しており、フジテレビ関係者の間では視聴率女王の出演に期待が膨らんでいる。

 今月下旬に撮影を開始予定で、松嶋は「初めての挑戦となるアクションエンターテインメント作品、役どころ、そして、個性豊かなキャストの皆さんとの共演、今から撮影に入るのをとても楽しみにしております」と張り切っている。


日刊:「ミタ」の次は「女ボス」菜々子月9決定

 家政婦の次は女ボス。松嶋菜々子(38)が、嵐の松本潤(28)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラッキーセブン」(来年1月16日スタート、月曜午後9時)に出演することが11日、分かった。現在、日本テレビ系主演ドラマ「家政婦のミタ」(水曜午後10時)でクールな家政婦を演じ、高視聴率を記録中。新ドラマでは主人公が憧れの気持ちを抱く探偵事務所の経営者を演じる。フジテレビの看板ドラマ放送枠「月9(ゲツク)」出演は、00年「やまとなでしこ」以来11年ぶり。

 「ラッキーセブン」は、探偵事務所で働く7人の活躍や葛藤を描く群像劇。松本のほか、瑛太(28)大泉洋(38)ら豪華メンバーが出演する。松嶋が演じるのは、個性豊かな7人を束ねる女ボスだ。経営者であり、決断力と胆力を持ち合わせている設定で、逆境にも動じない芯の強さを持つ女性として描かれる。「家政婦のミタ」では、地味なメーキャップなどがキャラクターの不気味さを増長させたが、「ラッキーセブン」では一転、外見は華やかな設定。視聴者にはゴージャスな印象を与えることになるという。

 事務所経営の目的は謎とされ、回を追うごとに目的が明らかになっていく。「ミタ」は主人公の謎めいた背景が多くの視聴者の関心を引きつけ、11月30日放送分では今年放送の連続ドラマで最高の平均視聴率29・6%を記録した。「ラッキーセブン」も視聴者を楽しませる謎が用意されており話題を集めそうだ。

 異例の連続ドラマ出演でもある。2児の母親となり、間隔を空けてドラマ出演してきた。「ミタ」終了後も休養に入るのではいわれていたが、制作側の熱意と松本の存在が2期連続のドラマ出演を決意させた。重岡由美子プロデューサーから「個性あふれる面々をまとめ上げる圧倒的存在感、美しさを持つ方は、ほかに考えられなかった」と口説かれた。松本とは05年、07年にTBS系「花より男子」で共演しており、「松本さんの主演作なら」と出演を決めたという。松本演じる主人公から、ほのかな憧れを抱かれる設定だ。

 松嶋は今や視聴率女王。フジテレビに限っても「GTO」が最高35・7%、「救命病棟」シリーズが同25・4%、「やまとなでしこ」が同34・2%など主演作は軒並み高視聴率。「やまとなでしこ」以来の月9出演にフジテレビも期待を寄せている。松嶋は「初挑戦となるアクションエンターテインメント作品。役どころ、個性豊かなキャストの皆さんとの共演と、今から撮影を楽しみにしております」と話している。


サンスポ:谷原章介主演、松潤月9スピンオフ先行放送

 俳優、谷原章介(39)が、来年1月16日スタートのフジテレビ系「ラッキーセブン」(月曜後9・0)のスピンオフドラマに主演することが12日、分かった。CSフジテレビTWOで1月14日に放送する「私立探偵★真壁リュウ」(後0・30)で、スピンオフが本編よりも先行オンエアされるのは同局史上初。新しい試みに谷原は「責任重大! 振り切って演じたい」と腕をぶしている。

 “探偵”谷原が月9を盛り上げるため、スピンオフで暴れまくる!

 「ラッキーセブン」は主演の嵐・松本潤(28)扮する熱血探偵、時多駿太郎をはじめ、瑛太(29)、大泉洋(38)演じる個性あふれる探偵社の面々が、凸凹なチームワークで難事件を解決するアクションドラマ。

 谷原主演の「-真壁リュウ」は、月9の登場人物たちが大好きなテレビドラマという設定で本編に登場。駿太郎(松本)は子供のころに見た真壁リュウ(谷原)に憧れ続け、実際の探偵業務でも彼の決めゼリフやポーズをマネている。

 制作サイドが月9のストーリー展開を模索する中、ドラマインドラマとして「-真壁リュウ」は誕生。私立探偵、真壁が世界の迷宮入り事件を解決するハードボイルドコメディーで、真壁は米CIAにも一目置かれ、黄色いハットとトレンチコートがトレードマークというド派手キャラだ。

 通常、スピンオフ作品は本編のヒット後に制作されるが、同局史上初の先行放送となる「-真壁リュウ」は「想像以上に面白い設定」(制作サイド)となったため、CSで全4話のオリジナルドラマ化が決定した。

 新しい試みに挑戦する谷原はサンケイスポーツの取材に「スピンオフの先行放送というスタイルが今後、増えるかどうかは“真壁”のヒットにかかっているので、責任重大」と意欲。

 マツジュンが崇拝するヒーロー役にも「コメディー要素も意識して、変な真壁を大まじめにやりたい。僕に憧れてくれる松本くんに迷惑をかけるかもしれませんが、振り切って演じます」と熱演を誓った。CS、月9で“真壁ブーム”を生み出せば、地上波のレギュラー放送もありそうだ。

タグ:松本潤

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。