FC2ブログ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来

2012.06.27 10:20|テレビ

報知:嵐で“熱い”夏に!24時間テレビのテーマは「未来」
スポニチ:嵐・松本潤 ダーツの旅で衝撃体験「誰だ?って言われた」
スポニチ:総合司会なのに…羽鳥アナ 今年も号泣?「皆さん引かないように」
サンスポ:嵐・櫻井、24時間テレビ「熱い夏にしたい」
ニッカン:五輪年の嵐「24時間」パーソナリティー
ニッカン:のびのび生嵐
デイリー:嵐・大野、チャリTシャツ秘話明かす
中日:日テレ系「24時間テレビ」制作発表
日テレNEWS24:24時間テレビ会見、嵐やガッキーが抱負!
オリコン:嵐、4年ぶり3度目の「24時間テレビ」メイン司会に使命感
楽天:嵐、4年ぶりに24時間テレビメイン司会!またも五輪年の抜てきに「うれしい」
ウォーカー:ことしの24時間テレビは嵐と新垣結衣らが「未来」を届ける!
まんたんウェブ:新垣結衣:チャリティーTシャツに袖通しドキドキ 3度目の嵐は意気込み
まんたんウェブ:羽鳥慎一:2年連続で「24時間テレビ」総合司会
モデルプレス:嵐、記者からの質問に苦笑い「大丈夫」
モデルプレス:新垣結衣、「嵐は本当にすごい」

真是浩浩蕩蕩...
記者會上的叔叔組很over!




スポニチ:嵐・松本潤 ダーツの旅で衝撃体験「誰だ?って言われた」

 8月25、26日に放送される日本テレビ「24時間テレビ35 愛は地球を救う」制作発表会見が26日、都内で行われ、メーンパーソナリティーを務める「嵐」、チャリティーパーソナリティーの新垣結衣(24)、チャリティーランナーの佐々木健介(45)・北斗晶(44)夫妻らが出席した。

 今年は“未来”をテーマに放送され、「嵐」がメーンパーソナリティーを務めるのは4年ぶり3回目。櫻井翔(30)は「今までの2回とはまた形を変えた24時間テレビになったらいい。僕たちなりの明るい、和やかな楽しい24時間テレビをお届けしたい」と意気込み。「一人でも多くの方に見ていただいて、未来をより深く考えていただけるよう、精いっぱいやらせていただきます」(大野智・31)「2回やれただけでも奇跡だと思っていましたが、3回目がまさかあると思っていなかった」(相葉雅紀・29)と他のメンバーも続けた。

 25日夜放送のスペシャルドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」で主演を務める二宮和也(29)は「僕自身、日本テレビでドラマをすることも初めてですし、今回はドラマという形でチャレンジをさせてもらっています。未来を少しでも感じられる作品にしたい」と話した。

 番組の名物企画でもある『ダーツの旅』。嵐の中で唯一、すでにロケを行ったという松本潤(28)は「石川県に行かせていただきましたが、僕のことを知らない方もいて、“誰だ?”って言われたり、でも、皆さんとても温かく接してくださって、すごい楽しかった。同年代の女性にも話を聞いて、未来の夢を熱く語ってくださったりして、すごく印象に残るロケになりましたね」と笑顔で振り返った。他のメンバーも順次ロケを行っていくという。新垣は「(ロケについては)私はまだ聞いてないですけど、もし機会があれば、時間があれば行きたい」と笑顔を見せた。


スポニチ:総合司会なのに…羽鳥アナ 今年も号泣?「皆さん引かないように」

 日本テレビ「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25、26日)の制作発表会見が26日、都内の同局で行われ、メーンパーソナリティーを務める「嵐」、チャリティーパーソナリティーの新垣結衣(24)らが出席。昨年4月に日本テレビを退社し、フリーになった羽鳥慎一アナウンサー(41)と同局の鈴江奈々アナウンサー(31)が総合司会を務めることも発表された。

 昨年に引き続き、2度目の総合司会となる羽鳥アナは「未来に向けて希望を持てるような番組作りに参加できたら。新垣さんと一緒で久々にテンションが上がりました」と笑顔を見せた。

 初めて総合司会を務めた昨年は、号泣する姿がテレビで何度も映し出された。この日は櫻井翔(30)が、制作発表の冒頭で流れたVTRで羽鳥アナが早くも涙を見せていたことを暴露。櫻井から「既に羽鳥さんが泣いていたので、走り切れるか不安ですね」といじられると、羽鳥アナは苦笑いした。

 「僕はテレビで泣くのは格好悪いと一昨年までは思っていたんですが、去年の24時間テレビを境に、テレビで泣くことにまったく抵抗感がなくなりました。今年もおそらく大変なことになると思います。皆さん、引かないように。41歳、こんなに泣くんだとっていうのをぜひ見ていただきたい」と開き直って、笑わせた。

 一方、今回が初の大役となる鈴江アナは「初めての総合司会で、今まだ夢心地です。番組を担当できるのが信じられない。3回目の嵐の皆さんにしっかりとついていきたい」と気を引き締めていた。


サンスポ:嵐・櫻井、24時間テレビ「熱い夏にしたい」

 人気グループ、嵐が26日、東京・東新橋の日本テレビで開かれた8月25~26日に放送の同局系「24時間テレビ35『愛は地球を救う』」の制作発表会見に出席した。

 今年のテーマは「未来」。嵐が「24時間テレビ」のメーンパーソナリティーを務めるのは2004、08年に続き3回目で、櫻井翔(30)は「オリンピックイヤーに再び関わることができてうれしい。オリンピックと同じくらい、未来につながる熱い夏にしたい」と意気込んだ。

 チャリティーパーソナリティーとして初めて出演する女優の新垣結衣(24)は「今ここにいるのも不思議。今日はずっとドキドキしています」と緊張した表情。昨年に続き総合司会を務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一(41)は「昨年の『24時間テレビ』を境にテレビで泣くことに抵抗がなくなった。今年も泣くと思う」と号泣宣言していた。


ニッカン:五輪年の嵐「24時間」パーソナリティー

 嵐がメーンパーソナリティーを務める日本テレビ系「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25、26日放送)の制作発表が26日、東京・東新橋の同局で行われた。

 今年は同局がその模様を生放送する初の試みの中で進行した。嵐メンバーのほか、チャリティーパーソナリティーの新垣結衣、総合司会の羽鳥慎一、鈴江奈々の両アナが出席した。

 嵐がメーンパーソナリティーを務めるのは、04、08年に続き3回目。櫻井翔(30)は「過去2回とも五輪の年でしたが、くしくもまた五輪の年に再びかかわることができて、うれしく思います。五輪と同じぐらい未来につながる熱い夏の日にしたい」と意気込んだ。


ニッカン:のびのび生嵐

 嵐がメーンパーソナリティーを務める日本テレビ系「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25、26日放送)の制作発表が26日、都内の同局で行われた。今年は同局がその模様を生放送する初の試みの中で進行した。嵐メンバーのほか、チャリティーパーソナリティーの新垣結衣、総合司会の羽鳥慎一、鈴江奈々の両アナが出席した。

 嵐がメーンパーソナリティーを務めるのは、04、08年に続き3回目。櫻井翔(30)は「過去2回とも五輪の年でしたが、くしくもまた五輪の年に再びかかわることができて、うれしく思います。五輪と同じぐらい未来につながる熱い夏の日にしたい」と意気込んだ。

 生放送だけに関係者は緊張感たっぷりの一方、嵐メンバーはのびのびムード。櫻井がコンサートでのトーク同様、メンバーに質問を振るなど、和やかムードが漂っていた。


デイリー:嵐・大野、チャリTシャツ秘話明かす

 人気グループ、嵐の大野智(31)が26日、都内で日本テレビ系「24時間テレビ35『愛は地球を救う』」(8月25、26日)の制作発表に出席し、04年以来手掛けたチャリTシャツの制作秘話を明かした。

 嵐としてメインパーソナリティーを務める大野は、「3回の打ち合わせでデザインが決まった」と現代美術家・奈良美智氏(52)とのコラボを回想。双葉マークが特徴的なキャラクターに「奈良さんの地元が青森ということで、りんごを表しているんです」と説明した。

 共演者にも好評で、ピンクのチャリTを着た新垣結衣(24)は「かわいい。大きなアイテムですし、袖を通してドキドキしてます」と絶賛した。シャツは6月1日からネットなどで販売され、黄、ピンク、水色の3種各1500円(税込み)。番組ホームページで再入荷を告知するほど人気を集めている。

 なお、番組の総合司会はフリーアナウンサーの羽鳥慎一(41)と日本テレビの鈴江奈々アナウンサー(31)が務める。


中日:日テレ系「24時間テレビ」制作発表

 日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ35『愛は地球を救う』」(8月25日午後6時30分)の制作発表が26日、東京・汐留の同局で開かれ、メインパーソナリティーを務める「嵐」の5人をはじめ、チャリティーパーソナリティーの女優・新垣結衣(24)らが出席した。総合司会を、フリーアナウンサーの羽鳥慎一と同局の鈴江奈々アナが務めることも発表された。

 今年の番組テーマは「未来」。嵐の櫻井翔(30)は「僕たち嵐は、2004年、2008年と、くしくもオリンピックイヤーに関わらせていただきました。そして、今年も私たちが関われることになり、うれしく思っています。ロンドンオリンピック、パラリンピックと同じくらい、『未来』につながる熱い夏にしたい」と気炎を上げた。

 現代美術家の奈良美智さんとともにチャリティーTシャツをデザインした大野智(31)は、髪の毛を短く切ったことをネタにしながら「これもチャレンジです。過去2回、刈り上げで24時間テレビに出たことはありませんから」と笑わせた。

 一方、同番組のパーソナリティー初挑戦の新垣は、嵐に向けて「国民的なスーパーアイドルとこうして肩を並べているのは緊張しています。頼りにしているのでよろしくお願いします」と謙虚に頭を下げていた。


日テレNEWS24:24時間テレビ会見、嵐やガッキーが抱負!

 日本テレビ系「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25、26日放送)の制作発表会見が26日、東京・汐留の同局で行われた。

 今年の番組テーマは「未来」。人気アイドルグループの嵐が3度目のメインパーソナリティーを務める。
 相葉雅紀(29)は「今まで2回、やらせていただいて、それだけでも奇跡だと思っていて、3回目がまさかあるとは思っていなかった」と喜びを語り、「この番組はみんなで作る番組。たくさんの方に参加していただいて、すてきな時間になったらいいなと思っています」。
 二宮和也(29)も「伝える、作る、つないでいく。いろんな形のある未来を、みんなで考えて作っていけたら」と意気込みを語った。

 チャリティーパーソナリティーに起用された女優の新垣結衣(24)は「(視聴者の)皆さんにとって、未来に進んでいく24時間になれるように頑張りたいと思います」と緊張感をのぞかせながら抱負を述べ、「国民的スーパーアイドル(の嵐)と肩を並べているのが緊張する。頼りにしていますので、よろしくお願いします」とメンバーに頭を下げた。

 初の総合司会となる同局の鈴江奈々アナウンサー(31)は「まだ、夢心地でこの番組を担当できるのが信じられない」と感激を伝え、「嵐の皆さんについていって、しっかり24時間かけ、未来について考えていきたいと思います」と背筋をピンと伸ばした。
 一方、昨年に引き続き2回目の総合司会となるフリーの羽鳥慎一アナウンサー(41)は「去年の24時間テレビを境に、テレビで泣くことの抵抗感がまったくなくなりました。今年は大変なことになる。『あ、41歳、こんな泣くんだ』というのを見てほしい」と涙線の弱さを明かし、会場の笑いを誘った。

 この日は、チャリティーマラソンを家族4人のリレー形式で走るプロレスラーの佐々木健介(45)、北斗晶(44)夫妻も駆け付けた。ひざへの負担を軽減するため、10キロのダイエットが必要という北斗は「まず、痩せたねとよく言われます」と近況を報告。「きれいになりたいダイエットではないので、栄養のあるものを食べて、運動をしていかないといけないので苦労しています」と伝えた。


オリコン:嵐、4年ぶり3度目の「24時間テレビ」メイン司会に使命感

 人気グループ・嵐が26日、メイン司会を務める日本テレビ系『24時間テレビ35 愛は地球を救う』(8月25日~26日)の制作発表に出席。放送まで2ヶ月を切り「未来 みらい」というテーマのもと、4年ぶり3度目の大役に向けてメンバーが意気込みを語った。

 嵐は、東京・汐留の同局で行われた史上初の『24時間テレビ』制作発表会見生中継後、改めて報道陣のインタビューに対応。総合司会に決定した羽鳥慎一と鈴江奈々の両アナ、チャリティーパーソナリティを務める女優・新垣結衣と顔を合わせ、二宮和也は「迫ってきた実感があった」とにっこり。松本潤も「早く集まってやりたいと思いましたね」と士気を高めた。

 奇しくもオリンピックイヤーと重なる2004年、2008年に続く3度目の司会。体力面などを踏まえ、24時間を乗り切る秘訣を聞かれると大野智は「まだ若いっすもん」と茶目っ気たっぷり。相葉雅紀も「長いなと感じてない」とさらりと答えるなか、櫻井翔は「乗り切るっていうスタンスではない。感じることが多いから、本当に4年前も早かったんです」と強調した。

 未来志向を目指す今回のテーマには、嵐も期待は高まるばかり。相葉は「今をどうするかで変わる。いろんなアクションを起こして、いっぱい種をまけば、未来って変わると思う」と語れば、松本は「未来って、選べるものだと思う。何に気付いて、どう動くかによって変わるもの」と力説。櫻井は「子供たちが笑顔になれる未来がいい。そのためには、この番組を見て、大人たちがたくさんの未来を感じられれば」と使命感をにじませた。

 今年はメンバーそれぞれが日本各地に出向いて、日本の「未来」を発見する旅企画や「私に未来をくれた日本の名曲」などを紹介。二宮は「未来について考えたり、見つめるテーマだし、未来という言葉をポジティブに捉えているので、ワイワイ今年もやりたい」と、嵐“らしさ”を全面にアピールしていた。


楽天:嵐、4年ぶりに24時間テレビメイン司会!またも五輪年の抜てきに「うれしい」

 26日、汐留の日本テレビで行われた「24時間テレビ35 愛は地球を救う」記者会見終了後に、メインパーソナリティーの嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)の5人が報道陣の取材に応じた。

 2004年、2008年に続き、今回3度目のメインパーソナリティーに抜てきとなった嵐の5人。櫻井は、これまで同番組のメインパーソナリティーを務めた年が、すべてオリンピックイヤーとなることに触れ、「今年もロンドンオリンピックの年ということでうれしく思っています。オリンピックと同じくらい熱い未来につながるように頑張りたい」と気合十分。

 さらに「24時間を乗り切れそう?」と報道陣から質問されると、櫻井は「僕らは乗り切るというスタンスで向き合ってないというか。いろんなVTRや人と向き合うことで、感じることがたくさんありますからね。4年前もあっという間に終わった感じでしたよ」と返答。さらに大野が「僕らまだまだ若いですもん、徳光(和夫)さんと比べたら」と冗談交じりに付け加え、会場を笑わせた。

 今年の番組テーマは「未来」。そこで、嵐にとっての「未来」とは? という質問が飛ぶと、相葉が「未来は、今をどうするかで変わると思う。だから今のうちにいっぱい種をまくというか、色んなアクションを起こして、それが未来に咲いてくれたらいいなと思う」と切り出すと、二宮も「自分をちゃんと信じてあげること。自分がそうだと思ったことをやり続けることが未来につながっていくんじゃないですかね」と付け加える。

 さらに松本が「未来って選べるものだと思うんですよ。自分が何に気づいて、どういう風に動くか。そうすればなりたいと思った未来にいけるんじゃないかなと思います」とコメント。最後に櫻井が「子どもたちが笑顔でいられる未来がいいですよね。そのためには僕たち大人が、どういう未来を残すのかが大切になると思う。だから子どもたちはもちろんのこと、大人たちがたくさんの未来を感じられるような番組になればいいなと思います」と抱負を語った。(取材・文:壬生智裕)

「24時間テレビ35 愛は地球を救う」は8月25日午後6時半から日本テレビ系にて放送予定


ウォーカー:ことしの24時間テレビは嵐と新垣結衣らが「未来」を届ける!

ことしで35回を迎える日本テレビ系「24時間テレビ35『愛は地球を救う』」の制作発表記者会見が6月26日に行われ、日本テレビ系で生中継された。すでにメインパーソナリティーとして発表されている嵐、チャリティーパーソナリティーの新垣結衣、チャリティーマラソンランナーの佐々木健介・北斗晶ファミリーのほか、総合司会として昨年に引き続き羽鳥慎一と、初参加となる鈴江奈々アナ、番組パーソナリティーとして5年振りにタカアンドトシが担当することが発表された。

まず、嵐の櫻井翔が「これまで'04、'08年とオリンピックイヤーに24時間テレビに関わらせていただきましたが、ロンドンオリンピック・パラリンピックが開催されることしも番組に関わることができてとてもうれしいです」とあいさつ。すでにロケに行っている松本潤は「(ロケ先で)皆さんの熱い思いがあって、その熱い思いを僕らが番組を通して伝えたい」と早くも手応えを感じている様子。

一方、初めてチャリティーパーソナリティーとなった新垣結衣は「目に見えない物がテーマだと、それに触れるのは勇気がいることだと思いますが、ことしのテーマは『未来』なので、皆さんにとって未来に進んでいく力を与えられる番組にできたらいいなと思います」と緊張しながらも気合十分。

昨年に続き総合司会を担当する羽鳥慎一は「ご覧いただいた方、参加いただいた方が未来に向けて希望を持てるような番組にしたい」と語れば、羽鳥と共に初めて総合司会を担当する鈴江奈々アナは「3回目の出演となる嵐に付いて行って、『未来』について考えていきたい」と意気込みを語った。

また、チャリティーマラソンランナーの佐々木健介と北斗晶も登場。北斗はマラソンに耐えるために10kgの減量が必須で、現在食事制限に取り組んでいる。そのため、佐々木が「最近(食事中に)きつい視線を感じます」と語ると、北斗は「たまに、『うまそうに食ってんなぁ』と文句を言いたくなりますよ」と言いながらも、家族一丸となって感想に向けてトレーニングをしていることを明かした。


まんたんウェブ:新垣結衣 : チャリティーTシャツに袖通しドキドキ 3度目の嵐は意気込み

 日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ35 愛は地球を救う」にチャリティーパーソナリティーとして初出演する女優の新垣結衣さんが26日、東京・汐留の同局で行われた制作発表に、4年ぶり3度目のメーンパーソナリティーを務める人気グループ「嵐」のメンバーらと登場。嵐の大野智さんが現代美術家の奈良美智さんとコラボレートして制作した24時間テレビのチャリティーTシャツを着用し、「今、袖を通してるだけでドキドキしてますし、今日はここに来て一日ドキドキしてます」と初出演の感想を語った。

 新垣さんは嵐について聞かれると、「国民的なスーパーアイドルと肩を並べると緊張する。コンサートも見に行ったことがあるんですが、ステージにいるときと、舞台裏にいるときと、今も全然雰囲気が違うんです。頼りにしてますので、よろしくお願いします」と頭を下げた。

 一方、嵐の櫻井翔さんは「オリンピック、パラリンピックと同じくらい未来につながる熱い夏の日にしたい。僕たちなりの和やかな楽しい24時間テレビをお届けしたい」、大野智さんも「一人でも多くの方に見ていただき、未来をより深く考えてもらえるように、精いっぱい頑張りたい」と抱負。相葉雅紀さんは「今まで2回出させていただいたが、それだけで奇跡。まさか3回目があるとは思わなかった」と驚きを語り、二宮和也さんは「伝える、作る、つないでいく……いろんな形がある『未来』を24時間テレビでみんなと一緒に考えて作っていきたい」、松本潤さんも「1回目、2回目のいい部分を残しながら、新鮮な気持ちでやってみたい」と意気込みをみせた。

 毎年夏に放送している同番組は今年で35回目。今年は「未来 みらい」をテーマに、「24時間チャリティーマラソン」をはじめ、嵐の5人がそれぞれが、今ある“現実”に向き合い、未来を見つめるドキュメント「嵐の未来企画」などさまざまな企画を行い、「未来志向」の24時間テレビを目指す。このほか、番組では、公式サイトを通じて「私に未来をくれた日本の名曲」を募集しており、放送内で嵐らパーソナリティーが視聴者から募った名曲とその曲に関するエピソードを紹介するほか、二宮さん主演で上戸彩さんがヒロインを務めるスペシャルドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」なども放送される。

 この日の制作発表は、同局の桝太一、徳島えりかの両アナウンサーが司会を務め、「生中継!パーソナリティーが勢揃い!!24時間テレビ制作記者会見」と題して、24時間テレビの制作発表としては初めて生中継。総合司会を務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一さんと同局の鈴江奈々アナウンサーや、チャリティーマラソンのランナーを務めるプロレスラーの佐々木健介さんとタレントの北斗晶さん夫妻も出席し、番組パーソナリティーとしてお笑いコンビ「タカアンドトシ」が出演することも発表された。

「24時間テレビ35 愛は地球を救う」は8月25日午後6時30分~26日午後8時54分。今年も日本武道館をメーン会場に生放送される。(毎日新聞デジタル)


まんたんウェブ:羽鳥慎一 : 2年連続で「24時間テレビ」総合司会

 8月25、26日に日本テレビ系で放送されるチャリティー番組「24時間テレビ35 愛は地球を救う」の制作発表が26日、東京・汐留の同局で行われ、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さん、同局の鈴江奈々アナウンサーが総合司会を務めることが発表された。羽鳥アナが24時間テレビの総合司会を務めるのは2年連続2度目。鈴江アナは今回が初めてとなる。鈴江アナとコンビを組むことは珍しいという羽鳥アナは、「(鈴江アナは)『よろしくお願いします』とか『一生懸命頑張ります』とか言ってくれる。去年の人(西尾由佳理アナ)は『さほどいつもとテンション変わらないです』と言われたので……」と笑わせつつ、「去年は去年、今年は今年で新鮮な感じで頑張りたい」と抱負。初出演となる鈴江アナは、「本当にまだ夢心地で、この番組を担当するのが信じられませんが、嵐のみなさんにしっかりついていって、いろんなことを考えられたら」と意気込みを語った。

 また、「嵐」の櫻井翔さんから、制作発表の冒頭で上映された映像を見て涙ぐんでいたことを指摘された羽鳥アナは、「僕はテレビで泣くのは、ちょっと格好悪いなと思っていて、見てる人が感動してくれればいいと一昨年まで思ってたんですが、去年の24時間を境に、テレビで泣くことに対する抵抗感が全くなくなりました。今年もおそらく大変なことになると思います。『41歳、こんな泣くんだ』というところを見ていただきたい」と笑わせていた。

 会見には、4年ぶり3度目のメーンパーソナリティーを務める「嵐」をはじめ、チャリティーパーソナリティーとして同番組に初出演する新垣結衣さん、チャリティーマラソンのランナーを務めるプロレスラーの佐々木健介さんとタレントの北斗晶さん夫妻ら番組出演者が勢ぞろい。番組パーソナリティーとしてお笑いコンビ「タカアンドトシ」が出演することも発表された。

 毎年夏に放送している同番組は今年で35回目。今年は「未来 みらい」をテーマに、「24時間チャリティーマラソン」をはじめ、嵐の5人がそれぞれが、今ある“現実”に向き合い、未来を見つめるドキュメント「嵐の未来企画」など様々な企画を行い、「未来志向」の24時間テレビを目指す。このほか、番組では、公式サイトを通じて「私に未来をくれた日本の名曲」を募集しており、放送内で「嵐」らパーソナリティーが視聴者から募った名曲とその曲に関するエピソードを紹介するほか、二宮さん主演、上戸彩さんヒロインのスペシャルドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」なども放送される。

 この日の制作発表は、同局の桝太一、徳島えりかの両アナウンサーが司会を務め、「生中継!パーソナリティーが勢揃い!!24時間テレビ制作記者会見」と題して、24時間テレビの制作発表としては初めて生中継された。「24時間テレビ35 愛は地球を救う」は8月25日午後6時30分~26日午後8時54分。今年も日本武道館をメーン会場に生放送される。(毎日新聞デジタル)


モデルプレス:嵐、記者からの質問に苦笑い「大丈夫」

人気グループの嵐が26日、日本テレビ(東京・汐留)で行われた同局のチャリティ番組「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25日・26日放送)の制作発表会見に出席。終了後、報道陣による囲み取材に応じた。

制作発表会見を生中継するという史上初の試みを終えた嵐・櫻井翔は「あっという間に終わっちゃった。僕らより記者のみなさんのが緊張したんじゃないんですか?」とあっけらかん。大野智らも「生放送って感じがしなかった」と続く一方で、松本潤は「(24時間テレビの仕事において)新垣さんをはじめ、初めて顔を合わせた方も多かったので、またみんなですぐにでも集まりたいなって思いました」と気を引き締めた。

嵐のメインパーソナリティーは2004年、2008年に続き3度目。前回から4年経っているが体力的に大丈夫か?という質問には「大丈夫の予定です…」(松本潤)、「まだ若いですからね」(大野智)と苦笑い。櫻井翔は「乗り切るっていうスタンスではない。いろいろな企画がある中で、楽しみながら時間が過ぎていくので本当にあっという間ですよ」と過去2回を引き合いに、自信をのぞかせた。

◆嵐が考える「未来」

35回目を迎える「24時間テレビ」の今年のテーマは「未来」。昨年の東日本大震災で被災された方や障がい者の方、未知の病と闘う方々のリアルな現実に光をあて“未来志向”の番組を目指す。

最後に、テーマにちなみ「嵐が考える未来」について話が及ぶと、相葉雅紀は「今どのようなアクションを起こしていくのかが大切」。二宮和也は「ちゃんと自分を信じてあげること。自分が決めたことをやり続ければ、未来に繋がる」。松本潤は「選べるもの。自分が何に気づき、考え、どう動くのか、未来は自分次第でいくらでも変わる」と持論を展開。

一方で、大野智は「番組を見て、明るい未来にするためにいつからでもイチからスタートできるということを考えてもらえたら」。櫻井翔は「子どもたちが笑顔でいられる未来にしたい。そのためには僕たち大人がどんな未来を残していくのか。番組を通してたくさんの未来を感じてもらいたいですね」と視聴者への力強いメッセージで締めくくった。

「24時間テレビ35 愛は地球を救う」は、嵐がメインパーソナリティーをつとめるほか、女優の新垣結衣がチャリティーパソナリティー、お笑いコンビ・タカアンドトシが番組パーソナリティ、佐々木健介&北斗晶ファミリーがチャリティーマラソンランナー、フリーアナウンサー羽鳥慎一&同局アナウンサー鈴江奈々が総合司会を担当。8月25日よる6時半(~26日よる8時54分)から東京・日本武道館より生放送される。(モデルプレス)


モデルプレス:新垣結衣、「嵐は本当にすごい」

毎年恒例の日本テレビ系チャリティ番組「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25日・26日放送)の制作発表会見が26日、同局にて行われパーソナリティーの嵐、新垣結衣らが出席した。

24時間テレビのチャリティーパソナリティーに初挑戦する新垣結衣は、「今までは見ている側だったので、この場にいることがとても不思議。24時間使って何かを伝えることは特別なことだと思いますので、終わった後は『やってよかった』と思えるように頑張ります」と改めて意気込み。

また、大野智が現代美術家・奈良美智氏と制作したコラボTシャツに袖を通した感想を「チャリティーTシャツは24時間テレビにおいてとても大きなアイテムの一つなので、袖を通してドキドキしています。いやむしろ今日ここに来てからずっとドキドキです」とガッキースマイルで答えるなど、本番を心待ちにしている様子だった。

◆新垣結衣「嵐は本当にすごい」

35回目を迎える「24時間テレビ」の今年のテーマは「未来」。嵐、新垣結衣のほか番組パーソナリティーをお笑いコンビ・タカアンドトシ、チャリティーマラソンランナーを佐々木健介&北斗晶ファミリー、総合司会をフリーアナウンサー羽鳥慎一、同局アナウンサー鈴江奈々がつとめ、「未来志向」の24時間テレビを目指す。

これまでドラマ、バラエティ番組などを通して嵐のメンバーとの共演経験を持つ新垣結衣。本番では3回目のメインパーソナリティーをつとめる嵐に「頼りにしています」と期待を寄せ、「嵐のみなさんは国民的なスーパーアイドルという印象。今、肩を並べているのでさえ、とても緊張しています。コンサートに行ったことがあるんですけど、ステージ、舞台裏、そして今、それぞれ違う一面を見せてくれる嵐の皆さんは本当にすごいです!」と絶大な信頼を明かした。

また、会見にはチャリティーマラソンランナーをつとめる佐々木健介&北斗晶も登場。「普段から理想の家族だなと思っていました。そんな家族が一致団結すれば、さらに大きなものを伝えられると思います。ぜひ頑張ってください」とエールを送った。

なお、この制作発表会見は地上波で生放送された。「24時間テレビ35 愛は地球を救う」は、8月25日よる6時半(~26日よる8時54分)から東京・日本武道館より生放送。(モデルプレス)

タグ:24HTV

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。