FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アラシTV

プロフィール

R

最近の記事

カテゴリー

時計

最近のコメント

プチ月別アーカイブ

リンク

タグ

 日産 24HTV 謎ディ 櫻井翔 24htv 二宮和也 相葉雅紀 松本潤 CM 大野智 au 紅白 キリン GANTZ 神様のカルテ 学校 コンサート 大奥 地震 怪物くん フリーター 番組 JCB 日立 アルバム シングル 夏虹 Wii 

ブログ内検索

RSSフィード

クールでスマートな"王子様キャラ"捨てる

2007.10.29 11:10|[M]映画・隠し砦の三悪人

サンスポ::黒澤明の名作「隠し砦の三悪人」が再映画化!主演は嵐・松本潤
スポニチ::松本潤で黒澤活劇「隠し砦の三悪人」
報知::マツジュン“王子様キャラ”捨てる
東京中日スポーツ::王子キャラに別れ!ワイルド全開!! 『スター・ウォーズ』原点クロサワ名作50年ぶり“生まれ変わる” 来年5月公開
中日スポーツ::黒沢監督「隠し砦の三悪人」50年ぶりリメーク 嵐・松本 イメチェン 王子キャラ→ワイルドな山の民
日刊スポーツ::松本潤主演で50年ぶり「隠し砦の三悪人」
日刊スポーツ::黒沢作品リメークに松本潤、長沢まさみ
Daily::松潤と長澤まさみが黒澤映画に挑戦
eiga.com::松本潤と長澤まさみで黒澤映画「隠し砦の三悪人」リメイク!

讓大家苦候多時的傳聞終於發表啦
不過阿潤現在身體挺薄弱是要怎麼拍肉搏戰,該不會用CG修的跟三百壯士一樣?!(毆)除了這點跟公主之外,阿潤きっと大丈夫!
拜託一定不要給公主安排"信じられないわ~"的台詞啊 囧
11/1開拍→12月底殺青→5/10公開。現在後製都這麼快的嗎....期待(潤担買的)相關雜誌,噢還有年末節目可以看到很狂野的阿潤?>D<

でもまじチャレンジャーだなぁこの人._.


サンスポ::黒澤明の名作「隠し砦の三悪人」が再映画化!主演は嵐・松本潤

 米映画「スター・ウォーズ」の原点ともなった故黒澤明監督の名作「隠し砦の三悪人」が、50年ぶりに再映画化されることが28日、分かった。主人公を故三船敏郎が演じた戦国武将からオリジナルキャラの山の民に変更し、主演に嵐の松本潤(24)を起用。樋口真嗣監督(42)は「これまでの松本のイメージを覆す」といい、松本も「大きな作品に全身全霊をかけて挑戦したい」と新境地に挑む覚悟だ。来年5月10日公開。

 クールでスマートな王子様キャラの印象が強い松本が、いままでにない武骨でワイルドな役に挑戦する。
 「隠し砦-」は黒澤監督が昭和33年に発表した作品で、敗軍の侍大将・六郎太(三船)が、世継ぎの姫と軍資金を守りながら、途中で出会った農民2人とともに敵陣を突破していく物語。この農民をモデルにしたのが、今回の主人公、武蔵(たけぞう)だ。
 樋口監督は50年ぶりの再映画化にあたり、「観客の目線で見られる人物を主人公にできないか」と提案。黒澤プロの承諾を得て、登場人物の人間関係や舞台背景はそのままに、新たな作品として物語を変化させた。
 武蔵は決して強くはなく、ヒーローでもなく、でも地べたをはいつくばる生活から抜け出したいと思っており、六郎太が持つ軍資金に目がくらむ人間くさい男。そんな武蔵を描くにあたり、監督が目をつけたのが松本だ。
 松本といえば、TBS系「花より男子」でワガママな金持ちキャラを、4月放送の日本テレビ系「バンビ~ノ!」では一流の料理人を目指す熱い男を、1月には映画「僕は妹に恋をする」で銀幕初主演を飾るなど着実に演技の幅を広げているが、樋口監督は「彼にはまだ野性が潜んでいる」と分析。「これまでのイメージを覆したい。そこまで汚していいのか、というところまでやりますよ」とニヤリと笑う。
 初の時代劇に向けて、さっそく馬術の訓練に励んでいる松本は「オリジナル作品をごらんになった方も、お子さんやお孫さんと一緒に見られる、どの世代にも楽しめる作品になれば」と意欲を燃やしている。
 松本演じる“平成版・隠し砦”が、どんな物語になるか、注目だ。
★製作費15億円
 「隠し砦-」は、秀逸な人物構成が高く評価されており、ジョージ・ルーカス監督(63)が「『スター・ウォーズ』の原案」と公言していることでも有名。C-3POとR2-D2は太平と又七がモデルになったほどだ。
 樋口版でヒロイン・雪姫を演じるのは長澤まさみ(20)。樋口監督は「元気な等身大の女の子役を覆す、強くて、きれいな姫役にしたい」。
 三船が演じた六郎太を演じるのは、1メートル89の長身を誇り、存在感バッチリの阿部寛(43)。すでに馬術や剣術の準備は万端で、新たな六郎太像を見せる覚悟だ。
 「日本沈没」などで得意のCG技術を見せた樋口監督は、今回はあえて「肉体のぶつかり合いを描きたい」。総製作費は15億円の大作となる。


スポニチ::松本潤で黒澤活劇「隠し砦の三悪人」

 黒澤明監督の冒険活劇映画「隠し砦の三悪人」が、「嵐」の松本潤(24)主演でリメークされることになった。オリジナルでは故三船敏郎さんが演じた侍が主役だったが、リメーク版は侍と行動をともにする“山の民”に焦点を当てる。松本はその1人。初時代劇が黒澤氏の名作という巡り合わせに「全身全霊をかけて挑戦します」と決意を語っている。
 「黒澤監督の作品をご覧になった方も、お子さんやお孫さんと一緒に楽しめる作品にしたい」。松本は、名作中の名作に挑む心境を力強く語った。
 舞台は戦国時代。お家再興のための金塊を持って逃げる姫と侍大将に、その金塊を狙う男たちが合流。次々と遭遇する危機をかわし、同盟国を目指す。設定は黒澤作品と同じだが、主役が侍大将から「山の民」に変更。「地べたにはいつくばって生きる人間の物語にしたかった」と樋口真嗣監督(42)。「松本さんの反抗的な目にその野生を感じました」と起用を決めた理由を説明した。
 松本はTBSドラマ「花より男子」で大金持ちの道明寺司を演じ、映画化も決定。王子様キャラが定着しているが、今作では薄い着物で泥だらけになる予定。「花より…」の撮影は今作の後になるが、樋口監督も「王子様に戻れるかどうか…」と心配するほどだ。
 そんな過酷な現場に放り込まれる松本だが「アクションエンターテインメント時代劇を全員で作り上げます!」と気合十分。乗馬などを特訓中で、樋口監督に「早く撮ってください」と催促するほど、静岡で11月1日に始まる撮影を心待ちにしている。樋口監督も松本の熱意に応じ「最後はCGで作れると考えて、まずは生身の肉体でどこまでできるか挑戦したい」と、迫力あるアクションシーンを練っている。
 「隠し砦」は「スター・ウォーズ」シリーズの基になった作品としても有名。松本を囲むキャストとして長澤まさみ(20)、阿部寛(43)、お笑い芸人の宮川大輔(35)が決定。世界的にもファンが多い「隠し砦」が、松本を軸にどう再生されるのか、期待がかかる。
 <黒澤リメーク大ブーム>昨今は黒澤作品のリメークブームだ。62年の「椿三十郎」が、織田裕二(39)主演の映画で12月1日に公開される。オリジナルは三船さんのスピード感あふれる剣さばきが有名で、織田の演技に注目が集まっている。また9月にはテレビ朝日で、52年の「生きる」が松本幸四郎(65)主演、63年の「天国と地獄」が佐藤浩市(46)主演で、それぞれドラマ化された。


報知::マツジュン“王子様キャラ”捨てる

 人気グループ嵐の松本潤(24)が、映画「隠し砦の三悪人」(樋口真嗣監督、配給・東宝、08年5月10日公開)に主演し、時代劇に初挑戦することが28日、発表された。
 1958年に公開され、米映画「スター・ウォーズ」のモデルになった故・黒澤明監督の名作が半世紀ぶりに生まれ変わる。「日本沈没」「ローレライ」などCG大作を手がけた樋口真嗣監督(42)がメガホンを執り、脚色は劇団☆新感線の作家・中島かずき氏(48)が担当。戦乱の世に姫と軍資金を守り敵中を突破する侍と、相反する民衆2人という基本構図は変えず、新しい解釈の冒険活劇となる。
 松本は原作で故・三船敏郎さんが演じた主人公の侍ではなく「スター・ウォーズ」のルークにあたる金塊掘りの民・武蔵役。樋口監督が松本の「ナイーブな目に野性味を感じた」と起用を決めた。
 撮影は11月1日から年末まで。原作のダイナミックなスピード感を生かした騎乗アクションもあり、松本は「初めての時代劇で大きな作品に全身全霊をかけて挑戦したい」と乗馬の猛特訓を進めている。
 来年1月から映画「花より男子」の撮影も始まる松本だが「戻れないくらいに(今回の武骨な役で)振り切ろうと話し合っている」(樋口監督)と、定着した王子様キャラをかなぐり捨てる。共演は松本と初コンビの長澤まさみ(20)が、武蔵に思いを寄せる雪姫役。ほかに阿部寛(43)、宮川大輔(35)ら。


東京中日スポーツ::王子キャラに別れ!ワイルド全開!! 『スター・ウォーズ』原点クロサワ名作50年ぶり“生まれ変わる” 来年5月公開

 「スター・ウォーズ」の原点ともいわれる黒澤明監督のアクション時代劇の名作「隠し砦(とりで)の三悪人」(1958年)が、新しい解釈で50年ぶりによみがえる。東宝が28日発表した。主演は嵐の松本潤(24)。初の時代劇で、ワイルドな山の民役に挑む。11月1日のクランクインを前に「大きな作品に全身全霊をかけて挑戦したい」と燃えている。
 メガホンを取るのは、「日本沈没」(06年)などを手掛けた樋口真嗣監督(42)。松本といえば、ドラマ「花より男子」の王子キャラの印象が強いが、樋口監督は「敏しょうなけもののよう」と評す野性味に注目して主演に据えた。ヒロインの姫は長澤まさみ(20)。また、松本の相棒役にはお笑いタレント宮川大輔(35)、オリジナルで主演の三船敏郎が演じた侍は阿部寛(43)が演じる。
 製作側は「リメークでなくリボーン」と位置づけて取り組む。黒澤監督の「乱」にスタッフ参加した樋口監督は「オリジナルをいい形で受け継ぎつつ、新しい『隠し砦-』に」と黒澤プロの了解を得て、劇団☆新感線の座付作家・中島かずき氏と大胆に脚色した。
 姫と黄金を擁し、侍と民衆二人が敵中を突破する構造はそのままだが、主役を侍から山の民に変更するなど人物構造を変化させ、スピード感をアップ。新たなどんでん返しも仕掛けるという。
 また、CGなどを得意とする樋口監督だが、本作では「人間の肉体のぶつかり合いを撮りたい」と意欲。松本も「黒澤監督のオリジナル作品をご覧になった方も、お子さんやお孫さんと一緒に見られる、どの世代にも楽しめる作品になれば」と話している。
 九州や茨城、静岡などでロケを行い、12月末にクランクアップ予定。製作費は15億円。公開は08年5月10日。


日刊スポーツ::松本潤主演で50年ぶり「隠し砦の三悪人」

 黒沢明監督(享年88)の名作「隠し砦(とりで)の三悪人」が50年ぶりに再映画化され、嵐の松本潤(24)が主演することが28日、分かった。オリジナルは「スター・ウォーズ」に大きな影響を与えたと言われる傑作時代劇。オリジナルの魅力を継承しながら、新解釈を加えた娯楽作品を目指す。ヒロインを長沢まさみ(20)が演じるほか、阿部寛(43)宮川大輔(35)が共演。メガホンは樋口真嗣監督(42)がとる。東宝配給で来年5月10日公開。
 58年公開「隠し砦の三悪人」は、ジョージ・ルーカス監督(61)の「スター・ウォーズ」シリーズの原点とも言われる。男勝りの姫の救出劇と敵中突破という展開もさることながら、三船敏郎さん(享年77)が演じた主人公の侍大将に巻き込まれる形で物語に加わる2人の農民が、ロボットコンビのC-3POとR2-D2のモデルになったとされている。
 50年ぶりによみがえるリメーク版は、農民を山に住む民衆という設定に変えた上、その1人を主人公とした。「日本沈没」のリメーク版を昨年ヒットさせた樋口監督は「現代の観客に向けて作る上で、フリーターやニートに代表されるような自分のよりどころを探す若者の姿を反映する設定にしたかった」という。
 主演はジャニーズの人気グループ嵐のメンバーの松本が起用された。時代劇は初挑戦。同監督は04年の映画「東京タワー」を見て「ナイーブで反抗的で野性的な魅力を強く感じた」。ヒットドラマ「花より男子」のセレブ王子様のイメージを覆すワイルドな演技を求めるという。松本は「全身全霊をかけて挑戦したい。オリジナル作品をご覧になった方も、お子さんやお孫さんと一緒に見られる、どの世代も楽しめる作品になればと思います」と話している。
 オリジナルはスピード感あふれるアクションも見どころだった。同監督は「発展させた形で肉体のぶつかり合いを持てる限りの技術で見せたい」。松本も馬術訓練に取り組んでいる。
 姫を演じる長沢も時代劇映画初挑戦。同監督は「ナチュラルな役が多かった従来のイメージと大きく異なるキャラクターを演じてもらいたい」。オリジナルにはなかった主人公に思いを寄せる設定にもなった。脚色は劇団☆新感線の中島かずき氏が手掛けた。11月1日に撮影を開始し、全国各地で大規模ロケも行う。


Daily::松潤と長澤まさみが黒澤映画に挑戦

 黒澤明監督の名作「隠し砦の三悪人」が嵐の松本潤(24)主演でリメークされることになった。ヒロイン・雪姫は長澤まさみ(20)が演じる。「ローレライ」「日本沈没」の樋口真嗣監督(42)がメガホンを取り、脚色(脚本は黒澤明氏ら4人の共同執筆)は劇団☆新感線の中島かずき(48)。肉体を駆使したアクションは継承しつつ、異色のクリエーターたちが新解釈で黒澤作品に挑む。来年5月に公開予定。
 「スター・ウォーズ」シリーズにも影響を与えた、日本が誇る冒険活劇が松本、長澤のコンビで新たな命を得ることになった。
 松本が演じるのはオリジナル版にはなかった金掘りの山の民・武蔵。主人公を侍にしなかったことで、現代にも通じる庶民の目線からの物語に再構築した。
 大胆に手を加えた樋口監督だが「肉体のぶつかり合いを見せて、どこまで臨場感を持たせられるか」と、リアリティーを追求する黒澤イズムを忘れてはいない。特撮畑出身として知られる同監督だが、CGなどは極力抑えて「2008年の“最高速”を更新したい」とオリジナル版を上回るスピード感を目指している。
 野性味あふれる武蔵は、松本お得意の王子様キャラとは真逆の役柄。時代劇初挑戦でもある松本は「全身全霊で挑戦したい。どの世代にも楽しめる作品になればと思います」と意欲を燃やしている。オリジナル版では千秋実(太平)、藤原釜足(又七)が演じた農民に近い設定。同じ山の民で金塊を持ち逃げしようとする相棒・新八役の宮川大輔(35)との掛け合いも見どころとなりそうだ。
 オリジナル版で上原美佐がふんしたヒロイン役を務める長澤は、樋口監督が“引き受ける条件”としたほど熱望していたキャスティング。オリジナル版では三船敏郎が演じた侍大将・真壁六郎太役の阿部寛(43)とともにりんとした姿を披露する。
 松本は既に馬術の特訓などを開始。11月1日にクランクインし、阿蘇山、熊本城などを中心に撮影を行う。公開は08年5月10日を予定している。


eiga.com::松本潤と長澤まさみで黒澤映画「隠し砦の三悪人」リメイク!

[eiga.com 映画ニュース] 黒澤明監督の58年公開の名作「隠し砦の三悪人」が50年ぶりに再映画化されることが10月28日、発表され、嵐の松本潤が主演し、長澤まさみ、吉本興業所属の宮川大輔、阿部寛らが共演することになった。東宝配給で08年5月10日公開。
オリジナルは、ジョージ・ルーカス監督のSF映画「スター・ウォーズ」の原点とされる傑作時代劇アクション。男勝りの姫の救出劇と敵中突破という活劇の魅力を継承しながら、新解釈を加えた作品となるようだ。脚色は劇団☆新感線の中島かずきで、「日本沈没」のリメイク版を大ヒットさせた樋口真嗣監督がメガホンを取る。同監督は、現代の観客に向けて「自分のよりどころを探す若者を反映する設定」にしたようだ。
あらすじは以下の通り。時は戦国時代。肥沃な土地を持つ秋月を隣国の山名が攻め落とそうとしていた。秋月の軍資金探しをさせられていた山名の民、武蔵(松本潤)と新八(宮川大輔)が城中から脱走。道中で金塊を発見するが、秋月の侍大将の真壁六郎太(阿部寛)と秋月の姫君である雪姫(長澤まさみ)に捕まってしまう。六郎太と雪姫は同盟国の早川に軍資金を持ち込み、秋月再興を図る密命を受けている。そこで武蔵はある秘策を提案する。
オリジナルで三船敏郎が演じた六郎太役は「自虐の詩」の阿部寛が演じるが、その六郎太に巻き込まれるC-3POとR2-D2のモデルにもなった2人の農民が、今回は山の民という設定に変更。その1人である武蔵が主人公になる。松本の04年の出演映画「東京タワー」から「野性的な魅力を感じた」という樋口監督はドラマ「花より男子」のイメージを覆すワイルドな演技を求めるという。またアクションについても「発展させた形で肉体のぶつかり合いを持てる限りの技術で見せたい」とも。松本も、11月1日に開始される撮影に向けて馬術訓練に真剣に取り組んでいるらしい。長澤はオリジナルになかった、主人公に思いを寄せる姫を演じる。
なお、黒澤明監督作の再映画化作品では、織田裕二、豊川悦司共演による12月1日公開の東宝配給作品「椿三十郎」(森田芳光監督、角川春樹製作総指揮)がある。

コメント

非公開コメント